交流戦前最下位に沈み、最多11の借金をしていたころは、わざわざ負け試合を見に球場まで足を運ぶ気など全く起きなかったし、最下位にいる間は絶対球場へ観戦に行かないことに決めていた。

ところが交流戦首位。直後が苦手の東京ドームということもありすぐには結果が出なかったが、選手に自信のようなものが確実に出てきたことが徐々に感じられるようになった。

これまで1勝しかしてなかった中日を3タテ。2位以下は団子状態とはいえ、2位に浮上したヤクルト、ここまで来たら観戦を妨げる理由はない。むしろ微力ながらファンとして球場で熱くサポートしたい思いで務め帰りに球場に向かった。

横浜のラミレス監督が野球は「勢い」が非常に大事といっていたが、交流戦6勝11敗と大きく負け越し、12チーム中11位だった阪神が前のカードDeNAに3連勝している。その立役者が交流戦後にファームから上がったばかりの陽川という選手で初戦3ランを放ちチームに勢いをもたらしたのが要因だと思う。

昨年のファームの本塁打、打点王というから着実に力をつけた選手。3割7分という打率を見て試合数が少ないし、たまたまだろうと思っていたら、3回2打席目で山田から会心の当たりで3ランを放った。そのスィングを見て素人目からしても要注意打者であることは間違いなさそうだ。ヒットは1本だったがエラー。死球で出塁。山田は2回俊介にも左翼席にホームランを打たれ3回で5失点。巨人戦に続き先発不合格。ストレートのMAX139キロ。体格からして球質が重そうだが見かけ倒しという感じだ。

阪神の先発秋山は前回ヤクルト打線を8回4安打0失点に抑えているので先発を比較しても厳しい戦いが予想された。3回に陽川のホームランで1-5とされた時点でダメかと思ったが、今日は打線が噛み合った。3-6で迎えた5回裏なんと秋山に6連打で7-6と逆転。手ごわい秋山を最短KO!ラミレス監督がいう「勢い」とはこのことだ。相乗効果によって打てなかった選手までその気にさせる力を与えてしまう。

バレンティンまで大振りをせず確実にミートバッティングに徹している。雄平も外角は内野の頭を超える流し打ち、芸術的バッティングセンスを披露したのが川端だ。地面すれすれの外角に流れるボールのスライダーをバットを払うようにしてレフト前に。スタンドで思わず「上手い!」と叫んでしまった。

6回8-8の同点に追いつき、7回、これまで4打席抑えられていた西浦が2,3塁にランナーを置いて2ストライクと追い込まれながら桑原の厳しいボール球をタイムリーヒット。勝ち越し2点打。これで勝利に大きく前進と思われた。

しかし交流戦勝利の方程式だった中尾、近藤、石山の中で健在なのは中尾だけ、近藤、石山に不安あり。8回近藤は1安打されたが抑えきり、最終回守護神石山。16試合無失点記録を続けていた石山は交流戦あけの巨人戦で失点、このゲームも鳥谷にいきなり2塁打されたあと新外国人ナバーロに粘られた末、ライト前にヒットを許し1点を返され、最後は陽川にレフトへのヒット性の大飛球を浴び、同点かと思われたが、この回からレフトに入った田代の好守でゲームセット。薄氷の勝利だ。鳥谷、ナバーロには低めのフォーク決して甘いコースではないが、0点台の防御率を維持し、絶対的な守護神だった石山にも球威に衰えが出てきたのか。

ただ2番手で投げた大下は変化球のコントロールも素晴らしく原口に風でスタンドに運ばれた(青木の3塁打も風でレフトの判断ミス)
が、その1安打のみ2回3三振を奪うなどこの先勝利のセットアッパー、抑え候補としても楽しみだ。特に5回表3番福留、4番糸井を連続三振に討ち取ったのは圧巻だった。中尾は交流戦後も相変わらず安定している。

打では青木が素晴らしい働きをしている。春先は待ちきれずに体が突っ込んでいたように感じたが、今は自分のポイントにしっかり球を呼び込んでとらえている感じを受ける。しかもリードオフマンとしてナインを奮い立たせ勝利に導いている。自分の成績が思うようにいかないときは、他の選手を叱咤激励しても「結果が出てないのに自分はどうなの」と思われがちだが、自分がこれだけ毎日のようにしっかり結果を残せば、言われなくても他の選手も身近な手本とするはずだ。

借金を完済したばかりで、再び借金生活は御免だ。これからは一つで多く貯金を伸ばそう。中盤くらいまでハフに持ち応えてもらってそれまでに先制点を。勝利を祈る。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
最後の最後に劇的な山田の3ランによるサヨナラになるとは思ってもみなかっただけに興奮がいまだに覚めないという感じだ。

先発石川が中日打線に2回1点先制され、3回にも追加点を奪われ0-2にされたが、その裏好調西浦、青木の2塁打で1点、さらに山田の2塁打で同点にしてゲームを振り出しに戻すまでは逆転も時間の問題と思った。

ところが4回から7回まで無安打、中日の方はコンスタントにヒットを重ね7安打、さらに8回には両外人を塁に出し、平田などのタイムリーで3点勝ち越し。交流戦大活躍の近藤がG戦に続き今日も3失点、平田には苦手の内角でなく外角を攻めタイムリーを打たれる。中村のリードにも疑問。まあこの3点でほぼダメ押しと見た。

9回抑えの田島に対し無死満塁で好調西浦に打席が回ってきたのもナイス。珍しくこれまで3三振を喫してはいるが、勝負強さは証明済み。追い込まれながらもきっちりタイムリーを放ち土壇場で同点に追いついた。期待された青木は外野フライ。ランナーが3塁だったら犠打になったのだが、仕方ない。

一死で山田、今日2塁打を一本放ってはいるがまだ完全に復調したとは言い難い。その山田がランナー二人を置いて値千金の3ランホーマー。自身初のサヨナラホームランを決めた。昨日と同じように中盤以降は中日の一方的なゲーム展開だっただけに劇的な幕切れになるとは。これでいよいよ借金1とした。

明日から、DeNAに3連勝して神宮に乗り込んでくる阪神、交流戦では楽天に次ぐワースト2だった阪神がリーグ戦でDeNAに3連勝。昨日は16点と今季最多得点を挙げて、深刻な打線不調を復活させた横浜が憎い。好調阪神にここで負けてはあと借金1と迫った勝ち数に水を差すことになる。相手は秋山なので厳しい戦いになるだろうが、明日勝って念願の借金を完済したい。この勢いを明日のゲームにつなげたい。がんばれ、ヤクルト!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
今、ヤクルト打線の主役は3,4番でなく1,2番コンビだ。1,番の西浦が塁に出て2番青木の長打で返すというパターンで昨日、今日のゲーム快勝している。

これまでの青木は2割5分~7分の間を行ったり来たりで打率がなかなか上がらず、今一つ影が薄かったが、ようやく自分のポイントに引き付けてから相手投手の球の勢いを利用してパーンとはじき返すバッティングができるようになりホームランを含む長打がよく出ている。

日本球界で最高打率を持つ青木、「こんなもんじゃない、勘さえ取り戻せば、そのうち打ってくれるはず」と思っていた。遅ればせながらようやくそのときがやってきた感じだ。

この前の巨人戦でBS日テレ解説の篠塚氏とアナウンサー氏が12打数8安打とマギーの驚異的な数字を見て、自分のポイントに呼び込んで打っている、と言っていた。今青木もそれができているから好調なのだと思う。

それと彼らはベンチで味方打者やピッチャーを大声で激励している青木の姿を見て、リードオフマンとして素晴らしい選手だとほめていたが同感だ。自分では止めたつもりが空振り三振の球審の判定に、つい激高して審判に悪態をついて退場となった青木、おとなしすぎるヤクルトの選手にあって、とことん熱くなって試合の勝敗にこだわる選手は貴重だ。そういう意味でリードオフマンとして青木の存在はヤクルトにとって大きな意味がある。

さてゲームだが中盤まで先発カラシティーが0で抑え、打線が5回まで7点を奪う、という最高のゲーム展開。5回3点奪ったあと、まだ1死満塁のチャンスに雄平、悠平が追加点を上げられなかった。後半ヤクルトは中日の中継ぎから走者は出すものの4イニング0に抑えられた。それに対し中日は6,7回に1点づつ得点し、塁上をにぎわすシーンがあり、ホームランが出ていたら楽勝とはいかなかったはず。そのためにも取れるチャンスには貪欲に1点でも取る姿勢が感じられなかった。結果的には7-2で快勝と見えるが、後半の攻撃には不満が残った。

これで巨人が敗れたため単独2位に上がったが、毎日順位が入れ替わる段階で順位に一喜一憂してられない。とにかく借金(-2)を返し切りたい。明日も勝利を願う。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
これまでの1勝6敗と大きく負け越している中日に怒りの狼煙3発(青木、西浦、山田)をスタンドに放り込み、投げてはブキャナンが5安打、1失点での好投で完投勝利、対中日戦やっと2勝目を挙げた。

先発が0に抑えている間に打線が3点先制し、
さらに追加点が入り、最後はダメ押し。まさに絵に描いたような理想的な展開で勝利をおさめた。これまではこの逆の展開で中日にされて負けていた。

今シーズンの中日6敗を調べてみたところ、勝利の女神に見放された原とハフで負けているのがほとんど。原3敗、ハフ2敗、館山1敗となっている。この点、エースのブキャナンを中日戦にぶつけてきたのも勝因でもある。これまでの負け試合は先制点が奪えず相手が先に取り、さらに追加点を奪われ、やっと反撃したところで焼け石に水、勝負はほぼ決まっていた。そういう展開で負けている。

主力の山田、バレ、中村以外のバッターは結構振れていた。山田も4打席目でようやくヒットが出て5打席目で久々のホームランが出た。やはり先制点、しかも1点でなく青木の3ランで3点まとめて入ったのがブキャナンのピッチングを楽にした。

坂口、西浦が3安打。特に前の巨人戦で菅野から2ランを放つなど4打数4安打、3試合連続2塁打、さらに澤村の力のある速球をはじき返し全打点をたたき出した西浦が全打席出塁。確かな選球眼で2四球、ホームランなど好球必打がしっかりできている。まさに自信と覚醒を感じる。

2位以下団子状態の勝敗数で巨人に並ぶも勝率でわずかに巨人が上で3位というのはあてにはならないが、一つの勝利が大きく順位を左右する。3連戦全部勝ってもやっと4勝6敗。一試合一試合を大事に一つづつ勝つしかない。リベンジの手を休めず明日も勝利を祈る。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
ようやく東京ドームで今季初勝利を上げた。手術から復帰後5月20日の広島戦で負け投手になって以来3連勝と好調を持続していた小川が好調巨人打線を6回まで4安打無失点に抑えたのが一番の勝因だ。

交流戦1位を決定づける日ハム戦で1失点に抑えて勝利に大きく貢献した小川が今日もうるさい巨人打線を0に封じたのは前述したとおりだが、手術前は序盤に得点を許すことが多かったが、この連勝中はやはりそれがなくなったことが大きく勝利に結びついている。そして4番の岡本を完全に抑えたことも大きい。

また1番の坂本が故障らしく先発メンバーにいなかったことがラッキーだった。今日も3番マギーには最初の2打席2安打されたが得点圏でなくて幸いだった。あとの2打席は小川、近藤がスライダーで抑えた。12打席8安打という振ればヒットのようなマギーを抑えるのに苦心した。いったん浮き上がるようなスライダーが沈んで低めに決まるとタイミングを合わせられずバットは空を切った。ヨコの揺さぶりのストレートには強いがタテの浮き上がって沈むようなボールは苦手のようだ。

ヤクルト打線も先生のチャンスらしい場面が少ないまま6回を終え、7回にようやくチャンスが巡ってきた。1死満塁で2番手ピッチャーに代打荒木がフルカウントまで粘ったがインコースの微妙な球を見逃し三振。2死からこのカード初戦4安打と好調の西浦が沢村の150キロの低めストレートを見事にはじき返し走者一掃の2塁打を放ち貴重な先制3点を入れた。

それを7回裏中尾、8回ランナーを出しながらも近藤が切り抜け、9回抑えのエース石山が逃げ切りを図ったが、ランナーを得点圏に置いて代打阿部に2塁打を浴び、17試合目に無失点記録を破られ1点を失ったあと、さらに宇佐美にタイムリーヒットを打たれ、1点差と詰め寄られたが、最後は陽をサードゴロに抑え厳しいゲームを勝利で飾った。今季全敗していた東京ドームでようやく厄払いの初勝利を上げることができた。

今日の投のヒーローは小川だが、打のヒーローは文句なく全打点をたたき出した西浦、小川監督の1番に抜擢された打順が見事に実を結んだ。追い込まれてからもろい今の山田だったらヒットは期待できなかっただけに新打順が功を奉した試合だった。ただ打てない山田を3番に置くのは勝敗を左右しかねないので下位打線にすべきだと思う。

26日からホームで中日3連戦がある。これまでの借りを今度こそしっかり返す絶好の機会だ。交流戦前の弱いヤクルトでないことをファンに証明するチャンスでもある。苦手意識を払しょくするためにも神宮でこれまでのリベンジをしっかり果たそうではないか。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

18件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 >>