5回柳をマウンドから降ろすまではよかったが、そのあとの詰めの甘さが敗戦に繋がった。

秋吉、石山という勝ちパターンの投手継投で2点のリードを守れなかったのはダメージが大きい。それだけ連敗で出場機会がなく、実践から遠ざかっていたことが災いした。

名古屋ドームでの3タテの汚名返上の意味でもこのカード初戦を何が何でも取りたかった。繋ぎという点で中日の集中力がヤクルより優っていたということだ。

ただハフがどうして途中降板したか途中から見たので全く分からないが、アクシデントを考えるとスタミナ切れでランナーはで出したものの松岡がよく投げてくれたと思う。

とにかく連敗をストップのために全力で戦うしかない。ホームでの無様な負け方はファンへの裏切りに値する。明日こそ連敗ストップを祈る。

広島ではカープが巨人の連勝をストップさせた。巨人の好調打線はいきなり初回3点を入れたが、逆転が売りのカープ打線には初回の3点など無いに等しい。そこでゲームは終わってしまう今のヤクルトとは雲泥の差だ。神宮で巨人を3タテした開幕当時の勢いを思いだせ!



[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1