大勝したゲームでない限り私などは試合経過を追って説明する気など起きない。ましてや昨日のような勝てるゲームを落としたり、今日のような相手のワンサイドゲームなどは。

昨日のようにいい形で先制点をもらいながら投手陣が踏ん張り切れず大逆転を許して負けるようでは、いつ勝つの、と思ったが、それを裏付けるような今日のゲームだった。

先制点を許し、さらに追加点を許して0-4になった時点で3タテを覚悟した。昨日は巨人に逆をやられたが、今のヤクルト打線にそれだけの反発力を望むのは無理だろう。

サードの頭を超える不運な当たりで2点を先制されるなど館山にはつきからも見放された。逆に山田のいい当たりがレフト線わずか外だったり・・・。館山には復活してほしいがあれだけ腕にメスを入れてもくせ球を縦横無尽に操っていたころにはなかなか戻らない。

2番手にファームから上がってきた梅野を出したが、ワンアウトもとれずに6失点。ストライクが入らないのだからどうしようもない。昨日最後にでてきて4人をノーヒット1四球に抑えたことで若手投手にチャンスの機会を与えたのだろうが、中盤でゲームをぶち壊す結果になった。

余談だが、先日のゲーム広島ーDeNA戦で初回にDeNA新人東投手は3点を奪われたが、3回から7回までノーヒットに抑え味方がそのあと3点を返し3-3に持ち込んだゲームをたまたま見ていて、170センチの体格で150キロ近いストレートを持ちカープの主力丸や鈴木と真っ向から勝負して三振を奪うなど素晴らしい選手を獲得しているし、昨年の新人王の濱口といいDeNAのスカウトは見る目があると思う。もちろん素質だけでなく本人の努力なくして新人王をとるような選手はそだたないだろうが。昨年投手力を整理し投打のバランスが飛躍的によくなり初の3位から日本シリーズに進出したDeNAの成功例を参考にするのも一つの方法だろう。

連休後半は神宮で6連戦を控えている。これ以上負けるわけにはいかない。まずは全員野球で連敗をストップさせてほしい。明日から5月明日からが開幕のつもりで心機一転がんばれ!


[Web全体に公開]
| この記事のURL
ここまで6連勝しているチームと1勝を上げるのに四苦八苦しているチームの勢いの差といえばわかりやすいかもしれないが、5回表で4点差あっても勝てない、ヤクルトの今の守りと投手陣、がっかりだ。

1回表のバレの3ラン、そして5回表の荒木のタイムリーと山田の3ラン、これで7-3の4点差。これでも勝てないのだ。7回裏の6点献上はひどい。守備固めなのかなぜあそこで病み上がりの決して守備に定評があるわけでない大引きをサードに入れたのか???なぜ近藤をあれだけ引っ張ったわけ???結果論とはいえない疑問がわいてくる。

廣岡に対する死球を「故意に肘を出した」と判定した主審もひどい。怪我の危険を冒してまで故意に当たろうとするはずはないだろうし、映像をみれば明らか。

ストレートに自信があるからとはいえ、ストレートに強いゲレーロとマギーに真っ向からストレート勝負の風張、「押す」だけでなく「引く」ことも学習しないと。

自宅でテレビ観戦していてもヤクルトファンにはショックの大きいゲーム、観戦に出かかた人は帰路の足は鉛のように重たかったに違いない。とにかく今日こそ巨人の連勝を何が何でもストップさせなくては。健闘を祈る。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1