今季セリーグは同一カード連敗、連勝が非常に多い。その意味で昨日の負けは痛すぎる。それにヤクルトはこのところ先取点を取りながら、先発、中継ぎ、抑えが崩れ負けている試合が多い。

下位3チームが昨夜の時点で同率4位(最下位)に並んだ。借金も2になった。これ以上連敗は絶対避けなくてはいけない。打線も先取点はとるものの逆転されるとそれを跳ね返すだけの力がない。

中日が広島戦4-2で勝っていながら中盤カープ打線のお株逆転劇で4-7で逆転され、それまでかと思いきやその裏一気に7点を入れ、11-7で逆転勝利を飾った。

ヤクルトが4-0で勝っていながら一つのエラーで好投ブキャナンが4-3までカープに追い上げられ、9回抑えのからシティーが同点にされ延長で負けているが打線も同点にされた後の一押しがないのが今の弱さだ。

由規はコントロールに難があり四球から得点を与えるケースが多い。やはり打線が先取点を取り、楽に投げさせる環境を与えることがこのポイントになろう。

昨年、ウィーランドに打線は打てずに全敗している。打線は昨年と比較にならないほど厚みを増しているし、零封されることは許されない。肘痛で出遅れたウィーランドに昨年と違う打線を印象付けてやりたい。今日は何が何でも連敗ストップを!そして今季初勝利を由規にプレゼントしたい。がんばれヤクルト!


[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1