セリーグCSが早々終わった。
ファースト、ファイナルステージともに一方的であっけない盛り上がりに欠けるCSだった。

レギュラーシーズン3位の巨人に6.5の差をつけて2位に終わったヤクルトがCSでは1-4,0-4と打線が振るわず、あっさり敗退。特に2戦目は巨人の菅野にノーヒットノーランで負けるなど手も足も出ず、完敗。

その巨人が広島に乗り込みファイナルステージを戦った。試合が空いたカープの試合勘がどうか、と思ったが全くブランクを感じさせず初戦を6-1で勝利すると、第2戦を4-1、第3戦を5-1で巨人を破りストレートで日本シリーズ進出を果たした。

巨人と2戦たたかいわずか1点しか奪えなかったヤクルト、その巨人が広島に3試合いずれも1点づつ計3点しか得点できなかったことをだらしない、と批判できない。なぜならその巨人にヤクルトは全く歯が立たなかったのだから。

広島先発大瀬良、ジョンソン、九里に、いずれも巨人は1点づつしか奪えなかったが、ヤクルトだったらどうかと思いながら戦況を見ていたが、ペナントレース同様広島にコテンパンにやられた巨人とヤクルト、同じような戦いぶりで負けたと思う。

ポイントは第2戦目だった、と思う。巨人先発田口が好投し、6回まで広島打線を1安打0点に抑えマウンドを降りた。7回から畠が登板、畠も7回を三者凡退、8回も2アウトまで討ち取った。そのあと松山に四球、そこで代打新井。畠が代走上本に盗塁を許し、新井は追い込まれながら難しいフォークだったと思うが、その球をレフトに技ありの2塁打を放ち、価値ある同点。今季限りで引退するのが惜しまれるくらい粘りの一打だった。そのあと2人ランナーを置いて菊池が勝利を決定づける3ラン、ちょっとした相手の隙を逃さず一気に畳みかけるところがカープの強さ、レギュラーシーズン中も何度も見たシーンだが改めて、それを実感させたゲームだった。このゲームの勝利が結果的に日本シリーズ進出を決めたターニングポイントだったと思う。

大瀬良、ジョンソンにとことん強いDeNAのソトのようなバッターがいれば面白かっただろうが。そう考えたらDeNAがCSに出てたらもっとせったゲームになっていただろう。それにしても対ヤクルト戦ノーノーの菅野が一度も投げずにCS敗戦の巨人、不完全燃焼で終わった感は否めない。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
昨日は仕事で出かけていて夜9時過ぎに帰宅してテレビをつけたらすでに試合は終わっていた。必勝を期して初戦にぶつけたエース小川で落としたのは痛い。スコアも同じ10月9日ペンナントレース最終戦DeNAの再現のようなゲームだった。先発を打ちあぐね、大引のホームラン一発だけに終わったほぼ打線沈黙で負けたゲームだ。

逆に同じ日、巨人は甲子園で阪神に9-4で勝利、エラーでいったんは追いつかれながら、岡本の2本のホームランで勝ち越し16安打の猛攻で阪神を下したゲーム。昨日の試合は巨人はヒットの本数こそ6安打だが要所で得点に結びつける効率の良い攻めができていた。

代打で出る用意はしていたという青木、リードオフマン青木が先発メンバーになく、バレが打てず、つながりが悪い打線は昨日の夜のような寒い打線になってしまう。山田のトリプル3は立派だが、個人タイトルよりヒットが出なくても最低限犠打で得点につなげる岡本のチーム貢献度の方が大切だ。山田の打撃内容が悪すぎる。このゲーム主力が全く機能せずチーム全体で散髪4安打では勝てるわけがない。

あえて巨人がエース対決を避けて菅野を2戦目に持ってきたのも打線で打ち勝ち戦勝した場合、大きなアドバンテージになることを計算しての作戦だと思う。坂本の手首の強さと小川が投げた外角低めに流れるスライダーを態勢を大きく崩しながらバットの芯でとらえ、ライナーでスタンドまで運ぶバットコントロールの巧みさは小川の失投ではなく坂本の玄人としての凄さというしかない。

今年の菅野の完封試合の多さ、防御率の安定感は目を見張る。一昨年だったろうかドームで強い菅野が神宮ではなかなか勝てなかった。そのときの菅野だと思って自信をもってぶち当たってもらいたい。3位の巨人を大きく引き離して貯金9で2位を確保したヤクルト、最終戦でようやくCS出場を決めた3位の巨人に1勝もできずに負けるわけにはいかない。最後の意地を示してほしい。がんばれヤクルト!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
最終戦対DeNAとのゲーム1-4で敗れ最終戦を勝利で飾ることはできなかった。ヤクルトの先発は何度も肘の故障、手術から復帰の繰り返しの苦労人館山、最終試合に彼をマウンドに送ったのは小川監督の親心からだと思う。しかしながらヒットは打たれながらも3回まではどうにか0で抑えたが、4回満塁から3点を奪われる。

あの独特な投球フォーム、肘の負担とコントロールの難しさは想像に難くない。相手との勝負というより、課題は自らのコントロールだった。3回はラッキーにも0で終えたが、4回につかまった。

いっぽう前回はバレのホームランで勝っているが、他の選手が平良から打てなかった。このゲームもチャンスでタイムリーが出ない。最大のヤマは5回2死満塁でバレの打席に期待したが、代わった三上にバレが一塁ファールフライに倒れ、この試合唯一の得点は6回裏の大引きのソロのみ、盛り上がりに欠けるゲームだった。

最終試合だったので仕事帰りに行こうと思って球場に確認したら全席指定でいつも見ている外野席は売り切れということでやめた。試合後にセレモニーが予定されていたとはいえ、平日にもかかわらずよく観客が入ったと思う。ファンとは有り難いもの。思えば春先の最下位からチーム状態を立て直し、交流戦首位を獲得、そしてペナントでよくぞ2位まで浮上してCS出場権を獲得してシーズンを終えたと思う。課題の投手陣も夏から秋にかけて踏ん張り防護率4位まで調子を上げ、打線をサポートできたのが大きい。

最終ゲームで巨人のCSが決まった。一番喜んでいるのが優勝チーム広島だろう。大きく勝ち越しているヤクルト、巨人と違い、広島投手陣に強いDeNA打線を相手にしなくていいのだから。得に大瀬良、ジョンソンにとってソトは天敵だったから。ただ新人東を除いてDeNA投手陣に昨年のような好投は望めない。

しかし長期間試合がないために実践間隔があく広島に試合勘がペナント中通りにはいかないのは昨年がいい例だ。ヤクルト、巨人もここで意地を見せなくはCSまで勝ち上がった意味がない。

ヤクルトにとっては大砲がそろったDeNA打線に比べ、巨人の方が組しやすい感じを受けるが、手への死球からホームランが出てなかった岡本が昨日の最終試合で勝負を決める決勝を含む2本のホームランを打ち、ビシエド、丸、ソトというセリーグの代表選手を超えるバレに次ぐ2位の100打点を記録、この手ごわいバッターの復活はヤクルトにとって要注意だ。また打線がつながった場合の得点力も侮れない。

投の方では絶対的エース菅野がいるし、ベンツも手ごわい。チームを引っ張ってくれていたリードオフマンの青木がいない状態では、バレンティンが抑えられると今日のようなゲームになってしまう可能性がある。ただホームで試合ができる利がある。それを生かして強い気持ちで戦ってほしい。それと栗山日ハム監督のように杉浦を5回まで全力で投げさせ、後半を安定したリリーフ陣のリレーと抑えで逃げ切る作戦も今の安定したヤクルトリリーフ陣にもいい手本になっている。特に秘密兵器高橋などはCSでの使い方によっては大きな武器になるだろう。とにかく何が何でも巨人に勝つことが先決だ。



[Web全体に公開]
| この記事のURL
今季ペナントレースも残りわずかになってきた。一番多いのが阪神の5試合、広島、巨人、中日はわずか1試合のみ、DeNA、ヤクルトが3試合となった。

ヤクルトの選手でタイトルがほぼ確定しているのがバレンティンの打点王125。三冠ではないが、山田のトリプル3も間違いないだろう。ホームラン(34)、盗塁(32)はクリアし、あと打率も3試合残して314厘なので問題ないだろう。

前半ぶっちぎりでリードしていたバレの本塁打のタイトルは、後半失速している間に丸、ソト、筒香に抜かれ、目下4位の36本。トップ丸の39本にソトが並び、筒香が1本差の38本なので試合数から言ったら3試合残すソト、筒香が有利だ。

打率は1位のビシエド349厘。2位の坂本の342厘の熾烈の争い。坂本は故障から復帰していきなりマルチヒット、昨年の打率タイトルを取った宮崎と坂本は他の選手に真似できない自分なりのヒットを打つバッティングスタイルを持った玄人と言っていい。中日、巨人共に残りゲーム1なので7厘差は難しいところだ。

セーブはヤクルトの石山34、山崎が35でトップ。残り試合同じ3なので石山にもタイトルの可能性あり。

最多勝は菅野と大瀬良が15勝で並んでいる。ただともにあと1試合しかない。

防御率は菅野が1位で2.15、2位が東の2.42。二人とも投げたばかりなのでこれで決まりだと思う。それにしても2桁勝利で新人王のタイトルは間違いないし、防御率2位の好成績の東、ルーキーとしてあっぱれ。

最後に山田に3冠の一つは取ってもらいたかったがどれも無理そうだ。せめて盗塁王だけは取ってもらいたい。争っているのが広島の田中広輔の31盗塁、山田は32盗塁でわずか1差。もし追いつかれても山田は3試合残っているので田中より間違いなく有利。また山田はタイトルは及ばなかったが打点が89であと1点で90打点に達する。残り3ゲームあるので全試合出場し、90打点は達成してもらいたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
セリーグのクリンナップで今一番怖いのがDeNAだと思う。ソト、筒香、ロペス3人とも一発があるバッターであり、特に筒香とソトは今季のホームランのタイトル争いをしている。アナがないし、華奢な体型に見えて長打力があるソトのバッティングに要注意だ。そのクリンナップを先発ルーキー高橋が初回三者連続三振を奪ったほか、筒香に3連続奪三振をしたのはおそらくヤクルトのピッチャーでは初だと思う。これは凄いというしかない。ただ5回で四球&死球が5という粗削りなところがあるが、CSに十分使える期待の大きい左腕だ。5回を被安打3、失点1、奪三振8というのが素晴らしい。7回くらいまで投げたら2桁奪三振間違いなかっただろう。

相手のDeNAの先発平良も好投、1点差を争うゲームだったが、バレンティンの2本のホームランと全打点3を最後まで守り切り辛くも1点差勝ち。これでヤクルトは71勝65敗。DeNAが残り5戦全勝しても70勝。逆にヤクルトが残り5試合全敗しても70敗のため2位が確定した。一時は投手陣が踏ん張れず最下位期間が長かった。そこから交流試合をトップで終え、弾みをつけて昨年最下位から今季2位に押し上げたのは立派。ルーキー高橋、初勝利おめでとう!CSには秘密兵器として大いに期待している。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

5件中 1~5件目を表示


1