巨人、阪神に勝ち越し4連勝して、3の借金を返し切り、上位浮上という期待も空しく、その後5連敗。そのほとんどが先制しながら、終盤に逆転を許し、勝ちゲームを落としている。

特に阪神との神宮での3戦目、この中日初戦、ほぼ勝ちを手中に収めながら、前半のリードを守りきれず、手痛い逆転負けを喫している。

27日の中日初戦など、先発原樹里が7回中日を0に抑え、2-0でリードし抑えの秋吉が9回2死までこぎつけながら二人の外人にヒットを許し、同点弐にされたあと、藤井のサヨナラヒットで負けている。

昨日のデーゲームも中盤まで2点入れながら、6回に同点にされ、8回石山が2点を許し、逆転負け。いつも中日がDeNAや広島戦でやられていることを対ヤクルト戦でその借りを晴らしているようなものだ。

カープや阪神のような抜け目のない打線なら、再逆転や後半のダメ押しが期待できるだろうが、昨日までのヤクルトにはそのつなぎの野球やたたみかけるような攻撃ができず、この中日3連戦いずれもヤクルト打線の得点は序盤、中盤までに終わっている。1,2点差だったらこの2連戦同様逆転を許した可能性もあった。

今日は打線のつながりがよく2回に6安打、1エラー、1四球で一気に6得点、久々の打撃爆発である。バルデスを打ち倦んでいるチームが多いが、コントロールが信条のバルデスはそれが決まらなくなれば、手投げだけに攻略は難しくなかったはず。

先発星は7回被安打6失点1、と球数も少なく連打も許さず前回の阪神戦同様好投した。原にしてもそうだが、連打を許さない粘りのピッチングが光った。

明後日からセパ交流戦が始まる。その前にどうにか最下位を脱出できたことは良かった。この1勝を弾みにオリックスにぶつかっていって欲しい。



[Web全体に公開]
| この記事のURL

入団当初はセパ両リーグに分かれた同期ライバル大谷と藤浪は、甲乙つけがたい逸材と騒がれたが、今では両者の差がはっきりしている。いくら素晴らしい速球があっても行方は球に聞いてくれ、というくらいコントロールに難があるようではプロとして一流とはとても言えない。

このゲームでも3回投げて死四球5という不安定な投球内容、前回はヤクルト打線が塁上にランナーを貯めながらもタイムリーが出ず、藤浪を攻略できなかった。しかし今日は前回と違い6番に勝負強い今浪が加わった。雄平、今浪の小柄コンビが打点2づつ、非常にいい働きを見せてくれた。ヤクルト打線で唯一打撃10傑に入っている雄平については厳しい言い方かもしれないが、積極的なのはいいがボール球に手を出さないようにすればもっと成績は上がるだろう。

6回ランナー二人置いての山田の右翼席へのホームランはチームの勝利を決定づける効果的な一打だった。youtube で2015年9月1日の3連続ホーマーを見て、山田の絶好調時はまだまだこんなものではないと思っている。インコース攻めが多くなり、それで打てなくなった。そんなヤワではプロではやっていけない。今広島の4番を任されている若干22歳の鈴木誠也は294厘、8本塁打、33打点と昨年同様4番に相応しい成績をこの段階で残している。2歳兄貴分の山田はもっともっと泥臭く、ちっとやそっとではひるまない選手になって欲しいと願っている。

打線の援護で小川へ4勝目をプレゼントすることができてよかった。今季の小川は奪三振が示すようにやはりボールに力があり、キレもある。最多勝をマークしたデビューイヤーを彷彿させるものがある。

今日の先発は昨年入団したドラフト2位入団同士のルーキー対決になる。ヤクルトの星は既に1勝を上げている。阪神の小野はオープン戦のデータしかなく一軍ではほとんど投げていないようだ。今後のためにも一軍の厳しさをしっかりルーキー小野にヤクルト打線が教え込んでもらいたい。そして首位の阪神を3タテ、5連勝、そして星に2勝目を打線の援護でプレゼントしよう!







[Web全体に公開]
| この記事のURL
今年の阪神は糸井の加入と若手の成長で目下セリーグ首位を走っているように打線好調、投手陣も防御率トップでパリーグの楽天同様投打のバランスが非常によく機能している。

昨夜、今日のヤクルトの先発を確認したところ山中故障で原樹里が代役に指名されていた。樹里は阪神戦中継ぎでかなり打ち込まれている記憶がある。よりによってなぜ阪神戦なのか、と納得いかないとこころがあった。

しかし予想に反し、今季一番のピッチングを見せてくれた。これも打線が初回に2点を先制し、安心感を持たせてくれたことと、前のカード対巨人戦での由規の全盛時を近い素晴らしい好投が、翌日の石川しかり、樹里にも大きな勇気を与えてくれたのは間違いない。

由規のときもそうだが、打線の先制点と大量点援護がピッチャーにとって大きな力となる。ヒットが出ながらタイムリーがなかなか出ず、一番残塁が多く点を取るのがヘタというのがヤクルトの弱点だったが、昨日のように巨人の半分のヒットで1点を死守し、勝利につなげることができた。このところ投手陣の踏ん張りが勝利に大きく貢献していると思う。巨人に連続完封は出来過ぎなくらいだ。それに今日の樹里の6回被安打4失点1奪三振6は素晴らしい。今季初勝利おめでとう!

昨日4安打、今日6安打と打線は今一つなのだが、今日などはヒットの割にタイムリーが効果的に出たために得点につながったが、打線の奮起を期待したい。当たってる虎のクリンナップを福留、鳥谷のヒット各1に抑えたのが勝利の要因だが、伏兵に2本のホームランを許すなど伏兵でも一発を打てる今季の阪神打線は手ごわい。

原は昨年途中から故障してしまい2勝8敗に終わったが、今季は昨年の負け数くらい勝ってもらいたい。明日先発が予定されている小川がここ2試合(DeNAと中日戦)勝てたゲームを不運にもフイにしている。彼の防御率が示すように生まれ変わった今季の小川の実力を明日は存分に披露してもらいたい。

相手先発はヤクルト戦特に荒れた球で有名な藤浪なので打者は序盤の四球をしっかり先制に結びつけ、有利なゲーム展開に持ち込むことだ。前回のように四球で塁上に走者を出しながら、タイムリーが出ず、結局尻上がりに調子を取り戻した藤浪に負けた反省を生かして勝利に結びつけてもらいたい。今度こそ小川の熱闘に打線が十分な援護射撃をしてやって欲しい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
昨日のデーゲーム先発石川が中盤5回に阪神打線に連打を浴び、0-7となった時点でこのゲーム勝負は決まった。打線が好調ならまだ回は浅いので期待が持てるが今の連打が望めない打線ではせめて先発が4点で抑えてもらわないとこういうゲームになってしまう。石川の生命線であるタマのキレ、コースの投げ分けが甘くなると相手の餌食である。

ナイタ―ならまだしもデーゲームでこういう一方的なビハインドゲームを球場で見せられるのは辛いもの、球場に足を運んだヤクルトファンの人たちにはお疲れさま、と言いたい。

ということで完敗ゲームを細かく振りかえって見ても仕方ないのでこのゲーム藤浪の打たれた4安打中3安打を打ち、孤軍奮闘した雄平と藤浪のデビュー戦について触れてみたい。

2013年3月31日藤浪は神宮球場の対ヤクルト3戦目にプロ初登板している。ハタケのタイムリーで先制を許し、6回には雄平のソロホーマーで2点目を与え、6回被安打3、失点2で負け投手になっている。

昨日の試合前、藤浪のデビュー戦かははっきり覚えていないが、以前雄平が藤浪からホームランを打った記憶が頭の片隅に残っていた。昨日の藤浪に3打数3安打というのは決してまぐれではなかったわけで、おそらく雄平にも藤浪に対する自信のようなものがあったはずだ。そうでなくてはどこに投げてくるかわからない荒れ球投手の藤浪からこれだけの結果を残せるはずはないだろう。

ホーム球場でワンサイドゲームで負けるのは屈辱だ。唯一、唯一その悔しさを軽減してくれたのは雄平の藤浪に対する孤軍奮闘のバッティングだった。

他球場では3試合とも先制をしながらカープ打線の勢いを止められず
最下位中日が3連敗したため、どうにか最下位転落を免れているが、中日打線はヤクルトよりはるかに勢いがある。今日から始まるDeNA
戦に負け越すようなことがあれば、すぐに最下位転落も有りうる。今日は由規の復帰戦を打線の最大限の援護で飾ってやって欲しい。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
昨夜は仕事帰りに神宮へ応援に行ってきた。前回の広島戦に次ぐ神宮二度目の観戦でいずれも勝ち試合を見られたのは幸いだ。しかも目下セリーグ1,2位のチームに。しかし、昨日までの11勝のうち神宮で勝ったのが9勝、如何に内弁慶かということが分かる。ホームで強くないと客を呼べないというが、ビジターでもう少し頑張ってもらわないと。一昨年優勝したときの打率、打点タイトルを獲った川端、ハタケが今故障ちゅうだというのもその要因だ。川端やハタケがいたら完封負けはもっと少なかっただろうというゲームもあった気がする。

初回、阪神1番の高山に2球目をいきなりバックスクリーンに叩き込まれて先制されたときは防御率もよく、安定感のあるブキャナンが、と唖然としたが、その後はよく粘りのピッチングで7回をその1点によく抑えてくれた。

しかし、昨夜のブキャナンは今一つコントロールに苦しんだ。ピッチャーの秋山にストレートの四球を与えたりフルカウントにする場面も少なくなかった。ただ3,4,5番の中で一番振れている糸井以外は、特に福留を完璧に抑えたのが勝利の要因の一つだ。3回1死満塁の場面で福留をショートゴロ併殺に抑えたのが勝敗の一つの分かれ目だったのでは。そのくらい秋山のコントロールは安定していたし、ブキャナンよりまとまっていた。

このゲームの打のヒーローは谷内だが、いずれも得点のお膳立てをしてくれたのは中村悠平だった。2回谷内のタイムリーで同点の足がかりをつくった2塁打、7回勝ち越しとなる要因をつくった3塁打、そして8回の追加点2点を上げるチャンスをつくった絶妙なバント、それが谷地の3打点に結びついている。

ブキャナンが試合が終わった後、中村にしばらく抱きついていたのはリードもさることながら、7回表でマウンドを降りた時点ではまだ自身の2勝目は決まっていなかった。決勝点となる3塁打をノーアウトで叩き出した好守の女房に依るところがそれだけ大きかったということだ。

山田の方は今日も会心の当たりは見られなかった。3打席目の内野フライは阪神の内野手のお見合いによるラッキーなヒットとなったがあれは完全に譲り合いエラーである。ゴロが2つ、ポップフライが2つ、ライナー性の打球は全くなし。巨人戦でBSフジの解説者が言うには、バットのヘッドが下がっているため軌道が最短でバットに球が当たってない、と。王貞治氏などは荒川コーチの日本刀を使ったトレーニングでダウンスゥイングの方がボールが飛ぶし、ポップフライになることが少ない、と言っている。今の山田はバットのヘッドが下からややアッパー気味に出ているからああいうポップフライが多くなるのでしょう。メンバーから外さなくとも、クリンナップに置いておくのはゲームの勝敗を左右するだけに再考の余地があるのでは。下位打線を打たせ楽な気持ちで復調させるべきだと思う。

今日も連勝を願う!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

5件中 1~5件目を表示


1