今日のゲームは嘆いたり、大喜びしたり、ハラハラさせられたり、とにかく最後まで大波乱のゲーム展開だった。それにしても7回まで11-1と楽勝ムードが8,9回で7点返され、バーネットまでつぎ込む羽目になろうとは・・・。野球は下駄をはくまで分らない。最後まで油断してはいけないという教訓をヤクルトナインは今回身を以って体験したことだろう。

コントロールに苦しみ、塁上を賑わしながらもタイムリーは許さない粘りのピッチングの館山、いっぽうコントロールはいいのだがことごとくヒットされ、塁を埋めてはタイムリーを打たれる古野、どっちいいかといえば当然前者だが、守る方の野手としては攻撃のテンポは悪くなるのは間違いない。

ところが今日の館山はピッチャーとしてより打者としての働きの方がはるかに評価されたはずだ。野手陣が3回までボール球に手を出したり、早打ちで一人も塁にでることができない中で3回表チーム初ヒットを自ら放ち、さらに4回表前の打者中村が敬遠されると、岩崎の内角低め難しい球をスタンドまで放り込む3ランホーマーを放ち、この回だけでビッグイニングとなる7点を奪った。

無死満塁で雄平、ミレッジが凡退し、絶好の得点チャンスで1点も入れることができなかったら、ますます岩崎のペースになっていたところだったが、大引が2死から走者一掃の3塁打を放ち久々の大仕事をしてくれた。ピッチャーが右腕だったら断然今代打として一番頼りになる今浪をスタメンに使って欲しいと思っていただけに、大引のこの活躍は互いのレベルアップになるという意味でよかったと思う。

7回まで11-1と10点差があれば、負けている方はほぼ諦めるのが普通だし、勝っている方も楽勝と思うだろう。この点差からベンチが出したのが先発から中継ぎに転向した古野、コントロールはいいがランナーをためてはタイムリーを打たれ、1イニングも持たずに3点を献上、さらに9回に登板した久古も同じパターンで1イニングも持たずに4点を献上し、気づいたら10点差がわず3点差の11-8、結局最後は守護神バーネットの力を借りてやっとゲームに終止符を打った。

明後日から北陸に移動して大事な巨人との2連戦がある。そのためにずっと一人でマスクをかぶり続けてきた中村を大差がついた今日くらい早目に休ませようとのベンチの考えで8回から代わった田中雅との駆け引きが巧く合わなかったのもあるだろうが、8,9回の7点はあまりにも情けなさ過ぎる。阪神との大事なゲームに勝ち越せたのは大きいが手放しでは喜べない後味の悪いゲームだった。



[Web全体に公開]
| この記事のURL
初回、ヤクルトが幸先良く1点を先制するも、その裏阪神にあっさり追いつかれ、その後はランナーさえほとんど出ず阪神に押され気味のまさに今日の天気のような重苦しい展開、それでも5回まで失点1に抑えてきた石山が、6回裏2死ランナー1,3塁で伏兵藤井に粘られた末9球目をレフト前に運ばれ、1-2と勝ち越された。石山は6回7安打を浴びたが、阪神のクリンナップを福留のヒット1本に抑えたのが大きい。

7回ヤクルトの攻撃があっさり3者凡退に終わったときは、僅少差の1点ながら返せる雰囲気ではなかった。8回表その重いムードを破る口火を切ったのが、昨日のゲームで一人複数安打を放って気を吐いた代打今浪のこの回の先頭打者ヒットだった。ピッチャーに向かって半身のスタンスから腰の回転でスゥイングする。真芯でボールをとらえれば飛距離は伸びる。

なぜ今浪を先発で使わなかったのか理解に苦しむ。今浪は3ボールのあと、2ストライクまで平然と見逃している。この余裕と自信はどこからくるのかと思うくらいだ。メッセにしたらこういうバッターが一番厄介なバッターだと思う。逆に雄平にようにボールでも何でも初球から振ってくるバッターはすぐに追い込めるので大助かりだろう。先発メンバーがヒット1本打つのに四苦八苦しているのに代打で出てきて好投手からあっさりヒットを打ってしまうのだから凄い。このゲームの影のヒーローはまさしく今浪だ。

メッセにしてみればこのまま完投ペースで来たのが、ここにきて焦りを感じただろう。比屋根の犠打で得点圏にランナー置いて川端が2塁打を放ちまず同点、さらに山田の3塁打でついにヤクルトが3-2と勝ち越しを決めた。3ゲームヒットなしだった山田が3打席目のヒットでふっきれたのか、9回にも2ランを放ち一気にスランプから脱出。ここで福原にピッチャー交代したが、ヤクルト打線の勢いは止まらず、雄平の犠打、代打ユウイチのタイムリーなどでこの回5点を入れ6-2と大逆転。

9回表にも今浪が2打席連続ヒットを放ち、そのあと山田の2ランがとびだし8-2とゲームをほぼ決定づけた。その裏徳山が上本に2ランを浴び8-4とされたが、4点差をつけて逃げ切った。序盤から予想もできないゲーム展開となったが、ヤクルトの劣勢を覆しての1勝は大きい。連敗で4ゲーム差になるのと、勝って2ゲーム差に戻すのでは雲泥の差である。この勝利をぜひ明日につなげ、どうにかゲーム差1にしたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
いつも立ち上がり不安定な藤浪、そこをつかまえて先取点を、と思っていたら、昨日の藤浪は初回からコントロールが安定し、速球もさえていた。ヤクルト打線はつけ入る隙もなく初回敢え無く3人で討ち取られてしまった。

いっぽうロマンの方は序盤ランナーを出しつつも犠牲フライによる1点に抑えていたが、中盤5回だけで3四球を与え、鳥谷、ゴメスにタイムリーを打たれ3点を追加された。特に2死からピッチャー藤浪を歩かせのが結果的に命取りになった。この3点でますます藤浪のピッチングに余裕ができ、バッターを追いこんで手元で落ちるカットボールを使われ、討ち取られるシーンが目立った。

そうなるとどうしても早いカウントからバットを出し、追い込まれて内角の手元に沈むスライダーやカットボールに空振りするか内野ゴロに終わる悪循環となり、藤浪のペースにはまってしまった。

奪ったヒットがわずか3安打。2,3,4番と目下打率、本塁打、打点王の3人の中で川端が1本ヒットを打っただけ。あとの2本は大引に代わってショートに入った代打要員の中で唯一3割打者の今浪の2安打。特に今浪は他のバッターが前述したように早打ちで討ち取らる中で唯一、全打席フルカウントまで粘り、2安打しているのが素晴らしい。第二打席など山田が三振した手元で落ちるカットボールを見事拾って内野安打にしている。こういうバッティングができないと昨日の藤浪攻略は難しい。

今日の相手の先発はメッセ、阪神はこの首位争いを勝ち越すため、あわよくば3連勝を狙ってピッチャーをそろえて来ている。ここで白旗を上げたら、巨人3タテは何だったのかということになる。好調のときのメッセを攻略するのは難しいが、そんな事を言っている段階ではない。ボレド同様、何が何でもくらいついて行かないと、直接対決で相手を倒さないと差はちじまらない。今浪のようなじっくりストライク&ボールの見極めのバッティングができるかがメッセ攻略のポイントとなろう。いずれにせよ序盤の攻撃がカギになるだろう。最後まで諦めるな、ヤクルト!





[Web全体に公開]
| この記事のURL
ヤクルト初先発の寺田は3回を投げ被安打2失点0に抑えたが、四死球5と毎回ランナーを背負う苦しいピッチング。いっぽう巨人のボレドの方は7回まで打たれたヒットがミレッジのサードへの高く弾んだ内野安打わずか1本、150キロの重いストレートが内角の厳しいコースに決まり、バッターのつけいる隙を許さなかった。

圧倒的に巨人が押し気味にゲームを進めたが、ボレドが100球を超えた8回1死からこのゲーム初めて中村が外野へのヒットを放った。
さらに代打浩康がセンター前にヒットを放ち、ランナー1,3塁とした。ここで先発ボレドを諦め、巨人は2番手ピッチャーマシソンをマウンドに送る。

2番川端はマシソンの内角ベルト付近の厳しい球を右手一本で返すようにしてレフト前に落とした。まさに職人技のヒットだった。これで2人のランナーが返り2-0とヤクルトが先取点を奪った。この2点を守護神バーネットが死守し、ヤクルトが対巨人に3タテを喰らわした。マツダスタジアムでは阪神がカープに負けたため、その差が2ゲームとなった。この勢いで甲子園に乗り込み明日からの阪神戦、一気に差を詰めたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
サイトの不具合でブログがアップ出来ない状態だったが、ようやく遅ればせながらアップできた。

さて昨日は3回表までは菅野の好投の前にヤクルト打線はなかなか先制点が奪えず苦戦を強いられた。いっぽう小川は初回から得点圏にランナーを置き、いつ先制を許してもおかしくない再三のピンチが続いた。

しかし目下4連勝中の小川、前半になかったピンチにも動じない気持ちの強さが蘇ってきた感じを受けた。無死1,2塁のピンチも巨人の主軸に攻めのピッチングがいっかり出来ていた。

小川の勝利への執念を強く感じたのは投はもちろんだが、この日は寧ろ打の方に表れていた。巨人が押し気味のゲーム展開の序盤を終えた4回裏2死満塁で打席に入った小川は3球で追い込まれながら、菅野の150キロちかいストレートや変化球にあわやホームランかと思わせるようなライトポール際の一打を含め、粘りに粘って11球投げさせ、執念の先取点を自ら奪い取った。(その後も得点には至らなかったが、3塁戦に絶妙なバントをして走者を進めるなど並みの野手以上のバッティングを見せた。)

このイニングだけで菅野の球数は56球を記録した。ちょうど3回までの球数が同じなので4回1イニングだけで初回から3回までの球数を投げたことになる。それが次の比屋根の3-1からの四球やパスボールの誘因となった。初回の好投とまさに雲泥の差があった。まだ菅野は神宮で勝ったことがないというが、その後もチャンスがあったが得点には結びつかなかったヤクルト、あの小川の執念の四球がなかったらゲームはどうなっていたか分からない。

このゲームでの山田は再三のチャンスに結果を残すことができなかった。後方のフライを取り損ねるエラーを取り戻そうと思ってか全身に力みが感じら大振りが目立った。またミレッジのスタンスについてあれだけベースから軸足が離れていたら外角ぎりぎりに投げてくる菅野のスライダーにバットが届かない、と解説者が言っていたが、あれではデニングの方がまだヒットの確率が高かった。外野を守れたらバッティングも思い切りもいい今浪をベンチウォーマーにしておくのが勿体ない。

下位チームに強い阪神が流石カープの勝ち頭ジョンソンには打ち倦み敗戦、今日は前田に苦戦するだろうから、今日初先発の寺田に頑張ってもらって少しでも差をちじめたいところだ。ボレダ攻略は難しいだろうが、昨日の小川の執念を野手ひとり一人が見習いぶつかって行けばいい結果が期待できるはず。頑張れ、ヤクルト!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

20件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 >>