7回途中から先発石川に代わりロマン、ピンチはあったが持ち前の強心臓で0で抑え、4-2のまま8回からオンドルセク、いつもの勝ちパターンだ。そこで入浴して出てくると、5-4とまさかの逆転を許し、満塁で秋吉がどうにか踏ん張りそれ以上の追加点を許さなかった。

ロマン、オンドルセク、バーネットの中で防御率が示すとおり好不調の差が一番大きいのがオンドルセク、いい時は全く相手選手を寄せ付けない素晴らしい球を投げるが、反対に悪いときはコントロールが定まらず、コントロールを取りにいって打たれるというパターン。いずれにせよ勝てるゲームを落として首位を阪神に明け渡してしまったのはくやしい。

巨人も粘ってDeNAに勝ったため2位に並ばれてしまった。ただここからがヤクルトが優勝、あるいはAクラスを争っていけるかを占う上で今度の阪神3連戦が一つの正念場になりそうだ。

前回神宮で3連勝した、あの勢いを再び期待したい。逆に負け越すようなことがあれば、大きく阪神に溝を空けられ、離されてゆく可能性がある。その意味で今夜のゲームは勝ってわずかでも阪神をリードした形で攻防戦をしたかった。いつまでも負けたゲームを引きずっていても仕方ない。首位奮回だけに集中し、一丸となって勝利を目指そう。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
巨人戦で主力投手前田、ジョンソンを使ったため、今日の今井、明日の薮田といい黒田以外は今回対戦投手には恵まれた感は否めない。だからこそ絶対落とせないゲームでもある。いずれにせよマツダスタジアムから3連敗していた嫌な流れを今日断ち切れたのがよかった。

昨日のように先制され、リードを許した状態で中盤さらに追加点を入れられると、つまりはいつものヤクルトの逆パターンを相手にされてしまうとヤクルトにはもろいところがある。

逆に連勝中、また今日のようなパターンに持ち込めば中継ぎ、抑え投手陣が安定しているので強い。しかし6回113球という球数が示すように6-0リードしても小川がなかなか一人のバッターを討ち取るの苦労していた。カープはとにかくしぶといバッターが揃っている。たとえば小窪、あれだけ粘ってファールをファーストが落球したあと、しっかりヒットを打つあたりは代打要員でありながらプロ中のプロである。たしか今季5月に神宮で久古から満塁ホーマーも打っている。

川端、山田のアベックホームランがあったゲームはほとんど勝ちゲームだと思うが今日も7回二人の共演があった。欲を言えば、8回2死満塁での最終打席でも川端にタイムリーを打って欲しかった。大差があるときでもしっかり結果を出すことが、得点圏打率を上げることにもなる。今一つ川端が得点圏打率が低いのが気になる。

山田のここ最近の打率は615厘という驚異的な数字である。しかも得点圏打率がカープ新井を抜いて364厘でセリーグトップ。筒香が今日のゲーム4-0で327と調子を落としているのにう対し、4-3の山田が、5-2で333厘の川端を抜き、ついに打率334厘、ホームラン24本で目下2冠となった。他のチームの主力が猛暑で成績が振るわない中でのこの成績は頭が下がる思いであり、お見事というしかない。明日の先発は薮田。阪神も今夜しっかり勝っているし、巨人もサヨナラ勝ちでゲーム差は変わらず、明日も勝ってしっかり首位を維持したい。







[Web全体に公開]
| この記事のURL
中盤の6回2死まで1点差を追う非常に緊迫したいいゲームだったが、新垣が2死からピッチャー黒田への四球で満塁にした時点で結果的に1番丸まで打順がまわり決定的な大量点に結びついてしまった。

野手並みの高打率を誇るピッチャーならともかく打率が一割にも満たない黒田になぜあれほど警戒する必要があるのか。ど真ん中のストレートだって今日のMAX148キロだったらおそらくヒットまではいかなかっただろう。

全回カープとマツダスタジアムで連敗しているので今度こそ神宮でしっかりお返しをと思っていたのにこの無様なワンサイドゲームとは、昨日まで7連勝していたチームとはとても思えない。

しかしヒット3本違いだけなのに2-11という点差、いかに効率のよいカープの打線に対し、拙い攻めだったかがわかろう。今季ヤクルトのお得意チームDeNAの逆パターンを見ているようだ。カープのお得意さんになっているようではとても優勝争いやAクラスは無理である。

5点差を返すのは無理と見て最終回試しに投げさせた金伏、とても敗戦処理以外は使えない。この最終回の4点で明日のカープ打線の導火線に火をつけてしまったのではないかと思うような後味の悪い負け方である。

これで阪神に並ばれ、大勝した巨人とは1ゲームで猛追されている。しかし落ち込んでいる暇はない。マツダスタジアムからのカープ戦の悪い流れをしっかり断ち切り首位の座は絶対譲れないという強い気持ちで明日のゲームに全員一丸で臨んでほしい。







[Web全体に公開]
| この記事のURL
今の段階で「優勝」という言葉を出すのは早すぎるのは十分承知しているが、このカード3連勝し10連勝するようなことがあれば、大きな期待がふくらんでくるのは確かである。しかもこの混戦を一気に抜け出す力がチームがないだけに、また投手陣が熱さでバテ気味のこの時期、昨年のように打線に勢いが出てきたヤクルトが頭一つ抜け出すチャンスでもある。その大事なカードの初戦が手ごわい黒田である。

ただこれまで黒田に3試合対戦して1勝1敗。いずれもホームで勝っている。前回黒田は神宮でヤクルト打線に打ち込まれ、自責点5だったと記憶している。明日は4度目の対戦になるので黒田の癖やタイミングの取り方も慣れれ来ているので攻略に向けての準備はある程度出来ているはずだ。この連勝中に見せた早い回の先制点、そして追加点を上げ、リードした形で終盤に持って行きたい。暑いこの時期、球数を出来るだけ投げさせ、スタミナを消耗させることによって体力を奪えば、たとえ最初好投していても球威が落ちてくるはず、今のヤクルト打線なら3点以上はクリアできるはず。

大リーグの悪しきマナーに汚染され、相手に球をぶつけて詫びない男に「男気」などとたたえるのは大間違い。ナイン一丸となって大事な初戦をしっかり勝ち取り連勝を伸ばそう!



[Web全体に公開]
| この記事のURL

夏を制する者はペナントを制す、といわれるようにこの厳しい猛暑の中投手力が落ちるので、打線が好調なチームが有利になる、その意味でヤクルト有利と解説者の張本氏が言っていたが、この調子を8月一杯維持できれば、実りの秋が見えてくるだろう。

連夜の1点差ゲームをよくぞ守り切り逃げ切った。1点差でむかえた8回ロマンが無死で死球を先頭バッターを塁に出し、その後1死満塁になった場面、同点、逆転されていてもおかしくなかった。強気のピッチングで無失点に切り抜けたときは思わずうなった。

話しは前後するが先発の若松ー山中のこれまでのデータを見れば、3点を争う投手戦かと予想したが、完全に予想を覆し、合計ホームランが5本飛び交う乱打戦となった。お互い防御率ほぼ2点台の安定した投球内容とは打って変わり、互いに中盤までに自責点6という打線の厳しい洗礼を浴びた。

ホームランバッターとはいえない中村や大島のホームランがあったくらいだからやはり風の影響もあったと思われる。それにしてもヤクルトに3連敗したとはいえチーム打率が今1位のヤクルトの259厘に次ぐ258厘で2位だけに中日打線の粘りは非常に手ごわい。

初回、ランナー2人を置いていきなり山田の3ランがあったときは、山中の安定感からして余裕かな、と思っていたら2、3回と2発のホームランでたちまち追いつかれてしまった。その後はお互い点の取り合いが続き、1点差まで追い上げられながら、前述した通り1点差でヤクルト投手陣が辛うじて逃げ切った。厳しいゲームだったが、これで2カード連続3タテで7連勝を達成、28日から同じホームで広島を迎え討つ。連勝をさらに伸ばすにはもってこいのホームが舞台である。頑張れヤクルト!













[Web全体に公開]
| この記事のURL

18件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 >>