阪神に4月2日以来の勝利、交流戦が間に入ったとはいえ3カ月近くも勝てなかったとは・・・・・。ソフトバンクや日ハムから比べたら、それほど打線の怖さはないが、ヤクルト戦になるといきなり元気になるマートンのような選手がいるのも分が悪い原因かもしれないが、チャンスはつくるものの結果が出せないヤクルトの打線にも課題があった。

その意味で日ハムから移籍してきて苦手意識がないのが幸いしたのか大引が再三チャンスに見事結果を出してくれた。6回の逆転2点2塁打、さらには同点に追いつかれた8回の勝ち越し打、まさに大引さまさま。このゲームは大引なしでは語れない。

小川は大きく足を上げてのライアンフォームがすっかり大人しいフォームになった分、威圧感が薄れ、球の出所がわかりやすくなったせいか、打者を討ち取るのに苦心している。真っ向から勝負していた以前と違い、一発がある打者には逃げのピッチングが目立った。

その点、勝ちパターンの3外人トリオの安定感は抜群だ。ただ今日のオンドルセクは捕球ミスでやらなくてもいい1点を与えるという拙い守備があったのが悔やまれた。

それに比べまさに守護神に相応しいのがバーネットだ。その安定感と集中力は相手打者を寄せ付けないものがある。なかなか岩田を攻略できず厳しいゲームだったが、ようやく3勝目を上げた。しかしまだ5つ負け越している。さあこの勢いで明日も勝利を祈る。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
他の4球団とはほぼ互角、DeNAには7勝5敗と2つ勝ち越していながら阪神には2勝8敗と大きく負け越しているばかりか、4月2日から約3カ月全く勝っていないという、情けない状態だ。

前回対戦したときも1-4,2-4といずれも打線が振るわず負けている。Aクラスを狙う上で苦手チームをつくるということは命とりだ。阪神と互角に戦っていれば首位争いをしていたことになる。2勝8敗という数字はあまりにも情けない。

前回相手のホームで連敗したので、今回はわがヤクルトのホームで、しっかりそのリベンジを果たしてもらおう。明日の先発予想が小川ー岩田。岩田には0勝2敗。1.99という防御率。打線が完全に抑えられている。小川が先発のときはなかなか打線の援護が今季はない。明日こそは序盤に先制していい形で勝利リレーを期待したい。

今、当たっている3番福留、ヤクルト戦になるといきなり大暴れするマートンを何が何でも抑え、絶対3連勝するんだという強い気持ちでぶつかっていってもらいたい。それとつまらぬエラーが命取りになるのでホームでのエラーは禁物。虎に対する苦手意識を根底から覆し、Aクラスを維持できるかどうかの大事な3連戦になる。つなぎの野球で虎退治を期待する。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
3-0でリードし、勝利投手の権利がかかった5回、無死ランナー1,2塁で高橋由にまさかの同点ホーマーを浴びて降板したものの、814日ぶりでマウンドに帰ってきた館山、残念ながら白星はつかなかったものの随所に素晴らしい球を投げていた。両リーグを通じてこういう球筋タイプのピッチャーがいないだけにコントロールさえ復活したらなかなか攻略は難しい。

それにしても高めの窮屈そうに振り抜いた高橋由の打球はつまり気味の外野フライと思われた。スタンドまで届いたのはやはり風に助けられたのは間違いないだろう。瞬間、館山は「えーあれで入ったの?」とあっけに取られたような顔をしていたことからもよくわかる。

ヤクルト打線も今日は巨人エースの菅野に対し、今季ワーストの6点を奪う積極的な攻撃が実が結んだ。特に昨年同じ神宮球場で菅野から会心のホームランを打っている山田が6回館山の黒星を消す逆転2ランを放つなど4打数3安打1四球の出塁率10割の活躍、あと3塁打がでればサイクルヒットの大活躍。

菅野の相川のバッテリーは相性があまりよくなく、サインがなかなか決まらず手間取っていたのはヤクルト側にしたらいろんな面で助けられたところがあった。

守備面で中村のファインぷれーがあった。満塁の場面で館山の投球が左打者の足をかすめてワンバウンドになったのがあったが、捕手中村が好プレーで好捕して後ろにのがさなかったのが隠れたファインプレーだったと思う。

混戦のセにあって今日の勝利は大きい。これでDeNAと並ぶ3位。次の相手は甲子園で3連敗した阪神戦。相手は目下絶好調の6連勝。首位虎の7連勝を阻み、前回3タテのお返しをしっかりホームでしてもらいたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

昨日の草薙球場は投手有利のホームベース方向への強風に助けられ、マイコラスが104球の省エネ投球でヤクルト打線を散発2安打に完封した。たらればの話だが、初回の山田の中飛と5回ハタケの左飛は逆風さえなければ入っていただけに惜しまれる。決勝の1点となった阿部の当たりは弾道が高く上がらなかった分、スタンドに入った感じがした。その意味では6回山田の2塁打の弾道がもう少し高ければフェンスを越えていたのに。

打てなければバントでかき回すとか工夫が要求されたわけだが、6回の中村の投ゴロなどは、あまりにも正直すぎる単なるバントにすぎなかった。昨年の高打率と相川移籍で中村の活躍が期待されたが、寧ろ攻守共に今一つという感じは否めない。特に打の方で打率が示すように昨年のようにチャンスで結果を出していないし、2割5分以上になかなかならない。

新垣のピッチング内容もよかっただけに打線に見殺しされた感が強い。成瀬にもいえることだが強力打線の古巣だったら、今の負け数は半分くらい少なかっただろう。

さて今日の先発が館山とあるのを見て驚かされたが、久しぶりの復帰でいきなり先発というのは荷が重い感じがする。相手が巨人の勝ち頭菅野だけに攻略が難しいだろうが、どうにか先制点をとり有利にゲームを進め館山に今季初勝利をホームで上げさせてやりたいものだ。肩があまり強いとはいえず昨年は巨人戦で走塁をしばしば許していた相川、塁に出たら足で揺さぶりをかけたい。この大事な時期Aクラスを狙うには連敗は絶対許されない。勝利を祈る。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
今年の交流戦の餌食になったのはDeNAだった。DeNAは交流戦リーグ戦合わせて12連敗し、完全に勢いをそがれた感じがする。しかし前のカード巨人戦で連敗を12にストップすると巨人に連勝した。その巨人もDeNAに次ぐ交流戦成績が悪かった。調子が回復する前に、その巨人をたたく今回はいいチャンスだ。

ヤクルトの交流戦後半で追い上げたが、終盤連敗して勝ち越しをのがしたのは悔やまれる。パリーグの爆発力はセリーグの投手陣を圧倒していた。それに日ハム、ソフトバンクのつなぎの野球、ここぞというチャンスでの集中力、得点力はセリーグチームにない強さを感じた。個々の選手ではバンクの柳田、西武の秋山、ロッテの角中など調子に乗ったときには何を投げても打たれる凄さがあった。

交流戦DeNAに次いで成績が悪かった巨人、交流戦あけても1勝4敗と不振が続く今がヤクルトにとって叩くいいチャンスだ。交流戦直後の対阪神戦の連敗は痛かったが、前のカード対中日戦、逆転しての3連勝、これは大きな意味がある。

トップから最下位までわずか4ゲーム差。1試合ごとの勝敗で頻繁に順位が入れ替わる。その重みを選手全員が十分かみしめて今日の巨人戦に臨んでほしい。中日戦で見せた後半線の粘り、打線のつながり、集中力が発揮できれば連勝をさらに伸ばすことができるはずだ。マイコラスを調子に乗せると攻略が難しいくなる。序盤に先制して新垣を楽な気持ちで投げさせることができれば勝機は必ずあるはずだ。
中日戦の勢いをそのままぶつけろ!

[Web全体に公開]
| この記事のURL

7件中 1~5件目を表示


1 2 >>