これまでの山田ヒット一本とペナントでトリプル3を達成した選手にしては物足りなさ過ぎた。ホームの神宮戻ってやっとらしい活躍をしてくれた。最初の打席でホームランが出ると、前のゲームで不振でもがらっと本調子に持っていけるのが山田の凄さだが、逆もあるので期待し過ぎてもいけないが、3打席連続ホームランという、前人未到の記録をまたもやこの男がやってくれました。

7回まで全打点5点を全て山田がたたき出した得点。ポイントゲッターさえかわせば当たってないヤクルト打線に対し思わぬ伏兵がホームランを打つなど打線にアナがないのがバンクの怖さだ。めったにホームランなど喰らわない杉浦が先頭バッターにいとも簡単にホームランされるとは切れ目のないバンク打線は息が抜けない強力打線だ。

ただこのゲームでヒットがなかった雄平、中村、今浪にもヒットが出たのが明日につながる期待が持てる。終わってみれば8-4のダブルスコアーで勝っているが、点差ほど余裕はなかった。8回うらの中村の2塁打による2点はライトが目に入ったのか不慣れのためにもらった点であり、割り引いて考えねばならない。

先制すると同点にされるなどシーソーゲームのあと、逆転され嫌なムードになったが山田の3本目の逆転ホーマーで流れをどうにかかヤクルトの方に手繰り寄せ、薄氷を踏むような1点差を中継ぎ陣が堅守する中で生まれた8回の追加点だ。先発杉浦のあとを受けた石山、久古、オンドルセク素晴らしいコントロールでよく1点を守った。

神宮の森のツバメの巣を鷹にやすやす乗っ取られてたまるか。ツバメの意地を見せてくれたゲームだった。これをきっかけに明日も勝って五分に持っていきたい。頑張れヤクルト!






[Web全体に公開]
| この記事のURL
ソフトバンクのホームで2-4、0-4と連敗、しかも4安打、3安打と打線も生彩を欠き、投打にソフトバンクに圧倒された。いくら相手のホームとはいえ、これではスタンドまで応援に駆け付けたファンに申し訳ないではないか。

さて明日から場所をホームの神宮に代えて第3戦を迎える。気候に左右されないドーム球場をホームとするチームは屋根なし球場は苦手とする場合が少なくない。ホームで強い巨人も神宮を苦手としていたし、菅野に至っては神宮では1勝も上げられなかった。マウンドも神宮はドームに慣れているピッチャーには投げづらいという噂がある。そういった地の利を存分にヤクルトの選手は生かしたい。

1試合目の武田に4安打、2試合目のバンデンハークに3安打、いくら相手のピッチャーがよかったとはいえ、リーグチャンピオンがこの貧打ぶりではセリーグ代表として恥ずかしい。どこが強力打線だと言われても仕方ない。

またソフトバンク打線は選球眼がよく、バットの真芯でとらえるのが巧い。松田をいい例だが、バットを短く持って近めに来てもバットの芯でとらえようとしている。外角は踏みこんで対応いている。今宮などバッティングコントロールもいいが守備で再三身体能力の高さを見せつけている。大きな身体をしている割に器用なバッティングをするのがイ・デホだ。

ヤフーの明日の予想先発はヤクルトが杉浦になっているが、私は館山と見ている。ホームに戻ってこれ以上負けられないホーム初戦で館山以外は考えられまい。しかもバンクの選手は館山とは対戦したことがない打者がほとんどのはずだ。あの曲球は慣れていてもそう連打は喰らう可能性は少ない。しかも杉浦とはキャリアが違う。

このままバンクに無気力試合のような内容で終えるようなことがあれば、セリーグ代表として恥ずかしいし、情けない。明日先発が予想される中田は中日戦で何度も対戦して手のうちは分かっているピッチャー
だ。彼の弱点を徹底的に研究して早いイニングの攻略につなげたい。ホームでのリベンジを願う。


[Web全体に公開]
| この記事のURL

ペナントは3位の阪神を、そしてCSは2位の巨人を倒してヤクルトはリーグ完全優勝を果たした。ペナントを制してもCSで勝ち抜かねば真のリーグ覇者とはいえない。その意味でCSも制した今季のヤクルトはリーグ完全優勝を成し遂げたといえる。心からおめでとう!

ペンナントを制した際、中心になって監督、社長、選手たちの胴上げをしていたバーネットが、今回監督の胴上げ最中、手前で高くジャンプしているのが印象的だ。そして今季鉄壁の勝利の方程式を担った外人3人男ロマン、オンドルセク、バーネットが次々と宙を舞った。このムードこそヤクルトを支えてきた一丸となったチーム力だと思う。

試合前の先発予想はヤクルトが石山とあったが私は杉浦を予想していた。杉浦はペンナント巨人最終戦途中から投げて好投していたことも頭にあったし、阪神との天王山で今季3か月振りのブランクを感じさせない落ち着いたピッチングで阪神のエース藤浪に投げ勝っている。その冷静・沈着さと度胸に首脳陣の信頼が厚いからである。プロ3年目の期待される若手ピッチャーがCSを前に復帰したのはヤクルトにとって本当に心強かった。

このゲーム序盤1、2回で幸先よく3点を奪ったが、それ以後ヒットも散発、5回巨人に2点を返され、防戦一方だった。2死2,3塁という場面、安全策を考えたら打率7割以上の阿部を歩かせてもよかった。しかしベンチは敬遠策を敢えて取らなかったのは打たれても1点差、それよりピンチで阿部を如何に討ち取るか、杉浦の手腕に掛けたのだと思う。結果的には阿部に軍配が上がったが、あの低めのフォークをヒットにさせた阿部のバッティングを褒めるしかない。

先発の杉浦が5回でマウンドを降りたため、1点のリードを守るために厳しく緊迫した投手リレーが続いた。6回表無死亀井の2塁打とキャッチャーのパスボールでランナーが3塁まで進んだときには同点も覚悟したが、久古の好リリーフで難を逃れ、7回表秋吉がつかまり1死1、2塁とされると今度はオンドルセクが阿部を併殺に討ち取り窮地を凌ぎ、回をまたいで8回も好投、最終回は守護神バーネットが巨人打線を3人で完璧に討ちお取り1点差を見事守り抜きリーグ完全優勝を果たした。CSで日ハムを退け勢いのあるロッテを全く寄せ付けず4勝無傷でパリーグ完全優勝を果たした強敵ソフトバンクと日本一をかけて来週末から激突する。まずはリーグ完全優勝を共に祝福したい。








[Web全体に公開]
| この記事のURL
投げるべきピッチャーが好投し、打つべき打者が打てばこういうゲームができるのだということを証明してくれたような試合だった。昨日は2,4番だけで3、5番に全く音なし、点で線になっていない打線だったが、今日は2,4番に加えて山田、バレンが復調したことによってゲームが線として繋がり、苦手マイコラスから4点を奪い、マウンドから引きずり下ろした。

山田もバレンもシリーズ初ヒットが出たことで肩の力が抜けたのか共に複数安打を記録、きっかけの一本がとても大きかった。特にバレンティンの場合、ホームランを狙わず、ミートを心がけたバッティングがよかった。マイコラスの初球カーブを見逃し、3球目のカーブに全くタイミングは合わず空振り、それを見て三振に仕留めようと投げたマイコラスのボールになるカーブを引きつけてセンター前に運んだ、適応能力、集中力はお見事という言葉しか見当たらない。今日のヒーローのお立ち台に好投の小川とバレンが上がった。このコンビを見て思い出したのが小川が最多勝を入団の年、小川が投げるときはバレンが援護射撃のホームランをよく打った。その再現というゲームだった。

今日のゲーム1,2回のピンチに小川が先取点を与えていたら、先発マイコラスに苦手意識もあり、相手のペースにはまって負けていたかもしれない。立ち上がり悪かったにもかかわらず粘りと気持ちの強さで回が進むうちに自らのペースに持って行った小川の力投が打線を奮起させ、勝利の女神をヤクルトの方に呼び込んだのではないだろうか。

打つ方ではヒットがまだ出ていないが、8回3塁打になるところだった立岡を好返球でアウトにした上田、守りの要として投手陣を巧みにリードしている中村の存在も大きい。山田とバレンが復調し得点力が上がったことで先発陣が心理的に楽に投げられることは大きなプラス要因だ。ホームランバッターから大振りせず、ミート中心に変身した巨人の4番阿部、安打製造機のようによく打つ。敵ながらあっぱれ!塁がうまったときあのバッティングをされると怖い。バレンにもいえることだが、大振りせずミート中心のバッティングの大切さ、これをヤクルト全員が心がけてもらいたい。明日勝って巨人に一気に王手といきたいところだ。頑張れ、ヤクルト!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

シーズン途中のタイムリー欠乏症の頃の弱いヤクルトを見ているようなゲームだった。初回の1死満塁の絶好の得点チャンスにバレンティンが最悪の併殺打に終わったこと、山田、バレン、雄平が全く機能しなかったことが敗因だろう。あれだけランナーを出しながら、ハタケのホームランによる1点のみ。試合が開いたブランクのためか巨人打線と比較して試合勘が劣っている印象を受けた。

いくら強力打線と騒がれてもそれが線として機能した場合であって、今日のように川端、ハタケが複数安打しても山田、バレンが併殺でチャンスをつぶし、雄平も音なしでは得点にはならない。特にペナントレースでは多くのタイトルを手にした山田だが、ソフトバンクの柳田のように負傷して病みあがりながら、同点ホーマーを放つなどここぞというチャンスに期待に応えられる選手にならないとチームの柱にはなれない。

6回表無死1,2塁で巨人が手堅く犠打で2,3塁に進ませ代打アンダーソンのヒットで2点追加して4-1とリードを広げたのに対し、7回裏ヤクルトは代打浩康に強硬策を取り、ランナー進ませることができず無得点に終わった。点差は3点差だが、苦手の山口に対し長打による大量点は難しい状況だし、塁を進めてピッチャーにプレッシャーをかけ、1点でも返すのがあの場面では定石ではなかったか。

昨年CSを勝ち上がってきた阪神がその勢いで巨人に1勝もさせずに日本シリーズの挑戦権を得た。昨年の巨人の轍を踏まない為にも、そしてリーグ覇者としての意地とプライドにかけて明日のゲームは負けるわけにはいかない。目と身体がやっと優勝時の勘を取り戻したとき、ファイナルステージは終わっていたということがないように集中力を持って明日以降のゲームに臨んでもらいたい。頑張れ、ヤクルト!



[Web全体に公開]
| この記事のURL

10件中 1~5件目を表示


1 2 >>