昨日のヤクルトー巨人のゲーム13ゲーム離されている首位と最下位チームのゲームとは思えない緊迫した好ゲームだった。目下巨人に4勝3敗と唯一勝ち越し、最下位ながら、この点だけは大健闘だ。

先取点を取りながら先発が序盤で崩れて負ける不甲斐ないゲームがこのところ続いたので、ルーキーにしてエースの働きをしている小川の存在は大きいし見ていて頼もしい。5回の無死1,2塁のピンチに澤村にバントをさせなかったのがこのゲームの一つの勝敗を左右する分岐点だったように思う。

昨日も1点を争う厳しいゲームだったが、ピンチにも動じない小川のハートの強さをつくづく感心した。テレビ東京のスポーツニュースでも特集で取り上げたが、小川の素晴らしさは貪欲なまでの探究心だ。ダルビッシュやセパ両リーグのエース級ピッチャーの動画を見て長所を自分のピッチングに採り入れていると自ら語った。

DH制がないセリーグでは相性を考えてバッテリーを組むのを優先すべきだ。その点、打撃好調の相川を外し、小川ー中村としたのは正解だと思う。ただ初の3番荒木に力みがあったためか、機能しなかった。
1軍に戻った上田がオープンスタンスに変わり、複数安打を記録するなど復調が大きかった。1-1の同点にされた次の回に7回裏、小川の代打浩康が澤村の投げた内角高めにふわっと浮いた難しいスライダーをセンター前に技ありのヒットを放ち、それが決勝点になった。

以前の澤村と違い、インコースの厳しいコースと緩急を織り交ぜ、交流戦で巧さを身につけ、大崩れしなくなった。守備の乱れでヤクルトにとってはラッキーな先取点だったが、先発の小川を好投と、石山、山本哲とつなぐ投手陣の踏ん張りが大きかった。

これで小川は単独ハーラートップの8勝目を上げた。エース館山を欠く今シーズン小川がいなかったら最下位を独走していたかもしれない。
草薙球場がリニューアルされたことでボーカーの大飛球がホームランにならなかったのはラッキーだったが、球が変わったため飛距離が伸びたことを考えると+-0ということになろうか。今日投げる石川にとっては球が変わった事は大問題だが、G打線に的を絞らせないピッチングで連勝を勝ちとって欲しい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
今シーズンヤクルトが今の順位にいるのもチーム打率が示すように打線によるところが大きい。しかし2軍から当たっている若手を上げてきてから他のベテラン陣への相乗効果もあって打率がカープに並ぶ240厘まで上がった。

投手陣の方はといえば目下DeNAに次ぐ下から2番目の4.13、先発で白星が期待できるのがルーキーの小川だけというのでは本当に心細い。昨夜のゲームでも2回終わって5-1とした時点で楽勝かと思ったら、ロマンがランナーをため、正田が連続被弾で一気に6点を献上し、まさかの逆転負け。

4回持たずにマウンドを降りたロマンの球数が既に100球を超えていたのも石川、荒波のように粘っこいバッターに手を焼いたためだが、春先ヤクルト戦では全く打てなかった伏兵モーガンに正田が3ランを喰らったのが痛かった。

昨夜の正田は球が高く、打たれるべくして打たれた感があるが、ロマンの場合、彼を責めるより横浜打線を褒めるべきだと思っていた。ところが今夜の山井に全く手も足も出ず、ノーヒットノーランを喰らったのを見ると、山井が良過ぎたこともあるが、ヤクルト投手陣の、防御率が示しているように上位チームとのレベルの差なのかとつくづく思った。カープ戦でもそうだが、ヤクルト投手陣は一発に泣く試合が多い。

逆転されたのも回が浅かったので、2点差くらいはどうにか挽回してくれるだろうと思っていたが、中盤以降が横浜の中継ぎにうまくかわされた。高崎、加賀を捉えきれなかったのが敗因だ。ソーサの151キロの速球を負けずにスタンドまで運んだバレンティンの一発で1点差まで追い上げるのがやっと、連勝はまたもやお預けとなった。明日は投手陣がいい巨人戦、小川をハーラートップにするためにも打線の援護射撃を期待したい。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
前の広島戦でマエケンから幸先良く4点を奪いながら、まさかの2本の被弾でサヨナラ負けというゲームの後だけに、3回に3点を奪い、5-2と3点差になっても回が浅かっただけに、どうなるかきがきでならなかった。

とにかく先発のラルー、2番手の村中、いずれも先頭打者を毎回出していた。その6回のうち半分のイニングで得点に与えている。ラルーは被安打が多いし、村中は四死球が多く、その後の中継ぎも1回を0に抑えるのに四苦八苦している状態だ。石山は直球に球威があるのは分かるが高目が多すぎた。交流戦で痛い目にあった反省が生きていない。ただ七條より安定性では上なので投げる順序は後の方がいいのではないだろうか。ラルーよりロマンの方が安定性を考えたら今の段階では上だということがはっきりしたのでラルーは下でじっくり鍛え直すべきだろう。

このゲームは打線に助けらた勝利だ。山田、荒木は攻撃型としてヒットが期待できる。それとバレンの後に好調相川が座った事で得点力が増した。いつ頃か忘れたが、今の自然なスタンスになってからの相川はさまざまなボールへの対応ができるようになったように思われる。これからもバレンが歩かされる場面が多くなるので5番がポイントゲッターになること間違いない。ハタケと相川の違いが今日のゲームではっきり出ていた。前のカープ戦マエケンに対しても相川、宮本のコンビで20球くらい粘ったのが球数を多く投げさせ、マエケンを中盤でマウンドからおろすきっかけになっている。

先発が早い回に降板すると、これまではほとんど勝てなかったが、打線に2ケタ安打が出るようになれば、今日のようなゲーム展開も可能だ。荒木の3塁守備の不安を考えたら、打撃に専念できる意味で今の1塁守備がベストかもしれない。それによって山田と1,2番コンビを組むことで攻撃型布陣で臨める。明日の先発はヤクルトが打ち倦んでいる高崎なので、しっかり狙い球を絞って今度こそ連勝を期待したい。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
ライアン小川リーグトップの7勝、そしてルーキー完封一番乗りおめでとう!これで2ケタ勝利が見えてきた。エース不在の状態のヤクルト投手陣にあって、本当に頼れる男である。

共に5安打1四死球という投手戦、少ないチャンスをバレンティンの一振りで勝敗が決まった。今やヤクルトのエース小川の好投と4番バレンが試合を決めてくれた。

昨年に続き、今年の交流戦も辛うじて最下位は免れたものの12球団中11位。散々の成績に終えた。負傷者も次第に復帰しつつあるが、しっかり染みついた負け癖を払拭できずに連勝の2文字を忘れてしまっている。つもりに積もった借金の山を一つづつ返してゆくしかない。

こうした悪い流れを断ち切るためにも好調な2軍の若い山田のような選手をどんどん使って行くことが悪い流れを断ち切ることにつながるはずだ。その悪い流れにどっぷりつかって打てない森岡を一度外してみたらと思う。

あれだけブランコに離されていたホームランの本数もあと1に迫ったバレン、4回の1発が出た後の打席を振り回さず、大事にボールを見極めて欲しかった。中村の盗塁阻止もしっかりできていたし、交流戦ボロボロだった守備陣が機能すると締まったゲームになる。今日の相手は前田なので厳しいゲームになるだろうが、連勝目指して頑張ろう!


[Web全体に公開]
| この記事のURL
今のヤクルトはこういう形でしか勝てないチームだ。先発が終盤まで持ちこたえ、出来れば中継ぎなしでストッパーに託すというゲーム運び。点差が3点以上あれば、一人挟んで最後はストッパーという形も取れるが、最少得点差では中継ぎの失敗が命取りになる。

5連敗中のヤクルトは先発が中盤まで持ち答えられない。さらに中継ぎが追加点を許す。意気消沈した打線はもう返す気力さえない。そうでなくても打線がブチ切れ状態のヤクルトでは先発がリードした形で終盤を迎える展開でないと勝利は望めない。

ソフトバンク戦を見る限り、力の差が歴然と出た。まあ無理もない。交流戦優勝チームと最下位チームなのだから。それにエラーが重なれば一軍と二軍の差のようなゲームになってしまう。

そのソフトバンクが昨日巨人の新人菅野に完封こそのがれたものの9回にやっと1点を上げただけ、11三振を喫し、完敗しているのだ。巨人とヤクルトの現状の力の差といってしまえば、それまでだが八木、村中に菅野のようなピッチングをしろ、とは言わないまでもせめて試合を壊さないでもらいたかった。

内川、松田、長谷川にいいように打たれたヤクルト投手陣、そのクリンナップを菅野は内川には2本、松田には1本安打を許したものの打点0に抑えている。松田に5安打3打点許したヤクルト投手陣とどこが違ったのか課題が残るゲームだった。

今のヤクルトは前述したとおり、先制点を許す実に弱い。打線が先制して、3点差くらい点差を広げ、それを7回くらいまで先発が持ちこたえて
つなげられたら勝てる可能性が出てくるが、先発が中盤までに大量点を許すと、そこでゲームが決まってしまう。

バレンの後を打つハタケが、散発的にはヒットが出るものの続かない。調子に乗り切れないのと、1,2番がなかなか固定出来ない、期待にこたえられないところが得点力が低い要因でもある。昨日のゲームで山田が出ていないし、ベンチにいなかったのは何故?守備に不安があるが。ある程度目をつむって打撃に期待が持てる山田を育てるようにしてもらいたい。

それにしても8回129球投げた小川にはご苦労さん、といいたい。新人小川が勝ち頭であり、今のヤクルトにあっては救世主だ。昨年の統一球であれば、石川は3勝は多く勝っていたはず。それにしてもヤクルト打線の方は恩恵をほとんどないくらい打てないのは痛い。


[Web全体に公開]
| この記事のURL

8件中 1~5件目を表示


1 2 >>