3番ユウイチの先発オーダーに如何に今のヤクルト打線が手薄かということが表れていた。そのユウイチがエラーで出た雄平を返すタイムリー先制打を放つという予想外の展開に喜んだが、3回の無死1塁のチャンスに強硬策で併殺に終わり一気にチャンスをつぶしたときは、次がバレンなのに何でバントで送らないんだ、と嘆いた。

ロマンが先発のときは援護がないのがジンクスのようになっていたが、このゲームは幸先良く3回まで自身のタイムリーを含む3点を取ってこのまま10勝目は堅いと思っていた。

ところが勝ち投手の権利がかかった5回に4安打と四球、味方選手の悪送球もあって一気に3点を返され、ゲームは3-3の振り出しに戻った。そして7回から登板の押本が2イニング目の8回先頭打者に3塁打を許し、次の打者の外野犠牲フライでついに1点リードされてしまった。

しかし最終回、ヤクルトは抑えのミコライオを攻め1死2,3塁とした後、浩康が2点タイムリーを放ち5-4と逆転に成功した。かっては併殺打のイメージが強かった浩康だが、今や犠打の名手、どんなピッチャーにもフルカウントまで粘れるしぶとさ、「初ヒット、初打点は浩康のバットから」といわれるくらいチームへの貢献度の高い選手になっている。

その裏登板した山本哲が2死1,2塁とした後、代打の切り札前田智を迎えたところで抑えのバーネットにチェンジ。バーネットが前田をインフィールドフライに抑えゲームセット。

昨夜のヒーロー浩康がインタビューで、このゲームに勝つと負けるではえらい違い。勝ててよかったです、と言っていたように初戦勝ったことで仮に後の2戦負けても2以上差が縮まることはない。その意味でこの勝利は大きな意味がある。と同時に借金を返済し終えた。後はCSを目指して一つづつ勝ってゆくことだ。今日も勝利を祈る!

[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1