これまでクルトが下位球団に負けるパターンはいつも決まっていた。先発が序盤につかまり先制され、打線が1点も返せないうちに追加点を入れられ、中盤にある程度点差ができて負けてしまうというパターンだ。

今日もそのパターンになりつつあった。ところが4回横浜に石川が先制を許したその裏、ミレッジのソロホーマーで同点にし、6回再び横浜に2点を勝ち越されると、すぐその裏代打福地の2点タイムリーで同点にした。それまで打ちあぐねていた王に福地のこの一打が大きかった。

さらに8回相手の守備の乱れやヒット3本、四死球を集中させ、一気に3点を追加し、6-3と勝ち越しに成功した。まさにチーム一丸となって勝ちとった勝利といえる。

6回にそれまで2打席凡退した中村に代打福地を送ったときはこの後の捕手は誰にするつもりかと心配したが、それよりも目の前のチャンスを如何に得点に結びつけるかということに集中した結果だった。結果が出なかったらいつでも代えられるという、その緊迫感が選手を一つにし、新田玄気の攻守の活躍を生んだに違いない。この勢いを明日につなげたい。カープが負けたため2ゲーム差となった。ガンバレ、ヤクルト!

[Web全体に公開]
| この記事のURL

初回ヤクルトが先制するも先発村中が2回ラミレス、4回中村紀と横浜の主砲に一発を浴びてすぐさまリードを許す。それでも塁上にランナーがいなかったため、最少点で済んだのは幸いだった。

その裏ヤクルトは久々に打線がつながった。先頭の川端がヒットで出塁するが、ユウイチの併殺打で一瞬のうちにツーアウト。ところが2死から横浜先発国吉に長短5連打を浴びせ一気に4点を上げて5-2と逆転。欲をいえば3,4番の主力外人コンビがチャンスに1本が出ればもっと楽な展開になるのだが・・・。

7回あたり村中は降板かと思われたが8回まで引っ張った。今季故障で出遅れたことを考えると、それまで引っ張るのは酷に思われた。137球投げさせている。6回まで被安打5だったが、7,8回だけで4安打打たれているところに疲れがありありと表れているが、よく踏ん張った。

広島が勝っているだけに落とせないゲームだった。それにしても中日は簡単には負けない勝負強さがある。8回一挙に3点を入れ、同点になったが、最終回雄太がつかまりサヨナラ負け。カープが負けていたら差は2になったのだが・・・。

今日はヤクルトの先発が石川だが、横浜は軟投型ピッチャーに強いので要注意。特に中村紀にはいつも痛い目に遭っているので。神主流落合打法に似た、バットで計測して打つようなスゥイングだが、あの打法だと内角高めが打ちづらいと思う。とにかく石川はウィークポイントをしっかり攻めたい。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1