今朝のブログは「ロマンの快投を期待!」というタイトルだったが、まさにその期待に見事応えてロマンが好投し、ヤクルトが2-0で勝利した。

相手の先発メッセが被安打3と予想通り好投し、ヤクルト打線は非常に苦戦した。むしろヤクルト先発ロマンより好投していた。阪神8安打に対しヤクルトはわずかその半分の4安打、にもかかわらず勝ったのは、ヤクルト打線が省エネ野球で少ないチャンスを巧くモノにしたためである。

1番俊足比屋根が打ってはチーム4安打のうち半分の2安打を放ち、6回得点圏に進むと、川端のしぶといヒットで先制するという好打、好走の活躍。しばらく1番は決まりだろう。

ロマンは3度満塁のピンチがあったが、全く動ぜず、4番の新井弟を無安打に退けたのが大きかった。球も重そうで赤川と違い、立ち上がりが抜群の安定感である。それに強心臓なのでピンチの場面で動じないところが頼もしい。抑えのバーネットも2死からランナーを出した、難なく討ち取り、ロマンに9勝目をプレゼントした。

巨人に苦手のカープが今日負けたのでついに差がなくなった。一気に3位奪回を狙いたいところだ。さあ、CS出場を目指して明日も勝利を期待したい。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

カード対巨人戦1勝もできなかったのは痛い。三戦目などは継投次第では勝てたゲームだっただけに勿体ない。珍しくいいテンポで投げていた先発石川の代えどきがポイントだった。結果論ではあるが、満塁となってもまだ得点を許していなかったのだから続投させてもよかったのでは、と思った。

他のチームには強い松井光が巨人には前回打たれているのを考えたら、石川続投が正解だったように思われる。まあ打った方の由伸を褒めるべきかもしれない。昨年までと違い今年の由伸はゲームのポイントとなるところで結果を出している。しかし悔やまれるのはフォークが高めに入ったことだ。低めに入っていたら仮にヒットでも長打は避けられただろう。次のバッターは低めのボールになるフォークで三振を取っているだから。

さて今日から甲子園で阪神三連戦だ。相手の先発はメッセンジャーなので序盤が肝心だと思う。調子に乗らせると打ち崩すのが難しいピッチャーだけに・・・。

ロマンの方は赤川と違って序盤の安定感が抜群だし、前回の阪神戦で完封勝ちしているので相性はよさそうだ。コントロールはいいので甘い球さえ気をつければ抑えられるだろう。とにかく序盤に打線の援護があれば勝利は堅いと思う。

もっか借金15の5位のチームに6勝9敗と負け越しているヤクルト、ここにきてもう苦手といってはいられない。CS出場権を掴み取るには他力でなく、自力で勝たなくては駄目だ。勝利を期待する。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/http://spora.jp/9030/

[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1