赤川は相変わらず立ち上がりが不安定だ。同年だが中日の2年生ピッチャーの大野の方がプロで4年メシを食っている赤川よりずっと落ち着いた立ち上がりを見せている。2回は荒木のエラーなどあって一挙に3点を上げ、逆転できたが、赤川はエンジンがかかるのが遅すぎる。山本哲にもいつもハラハラさせられる。中日の主力バッターに常にボールが先行、フルカウントに持ち込まれている。ブランコに投げた5球全てボール球、幸いボール球に手を出してくれたからいいものの、見極めがいいバッターだったら、完全に四球でゲームはああそこで決まっていたかもしれない。

同じドローでも昨夜のゲームより今夜のゲームの方が負けを意識した。9回1死2ストライクを取りながらストッパーのバーネットが荒木によもやの勝ち越しソロホーマーを浴びたのだ。しかも内角高めの難しい球を。これは荒木に脱帽するしかない。

しかしその裏先頭バッターの比屋根がこの試合3本目となるヒットを代わった山井から放ち、2番の森岡が送り、3番浩康の内野ゴロで3塁まで進み、4番ミレッジが敬遠で2死1,3塁とした後、川端を迎え中日は岩瀬に交代。その岩瀬から川端が見事に同点打を放った。

もうあとは負けはない。押せ押せムードで2死ランナー1,2塁でバッターは宮本、2-2から外角低めのボール球を打たされサードゴロ。残念ながら期待されたサヨナラとはならなかった。それにしても比屋根は足ばかりでなくバッティングでも3安打と素晴らしい活躍を見せてくれた。小柄だが非常にバットコントロールの巧さを感じさせるものがある。

この試合で疑問に思ったのは、8回裏の最後のチャンスかもしれない、と思われた(実際9回もあったが)場面で、今絶好調でホームランバッターの松井淳をなぜ出さなかったか、と言うことだ。あくまで推測だが、仮に松井が長打でも打っていれば、リードした状態で9回裏を迎え、バーネットのテンションも変わったかもしれない。

この回、2死から中村がヒットで出たあとだ。相手のピッチャーは右腕のソーサ、先発は左の大野だったので致し方なかったが、ここで使わなかったら、使うチャンスはないのに・・・。結局代打は藤本で外野フライに終わった。カープが阪神に3-0で負けているだけに、惜しいゲームを連夜のドローで終わった。

☆ 松井淳について他のブロガーの方によれば「左手親指の腫れ」ということです。そうでもなければどう考えても納得できない采配でしょう。今一番期待感が持てる選手の一人ですから。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
負けていた試合を9回に同点ドローにしたのだから良しとするか、10回延長の好機にタイムリーが出ず負けに等しいドローと見るか、別れるところだ。ただ言えることは最後の打者になった福地に投げた球は4球全てボール球だったということ。カープが前の打者を敬遠して満塁にしてくれたのだから、ボール球に手を出しさえしなければサヨナラだったわけだ。バッティングの調子を落としているバッターには多くを望めないが、悔いが残るゲームだった。

ただ松井淳が一軍に復帰していなければ1-2で負けいたゲームだけに彼の復帰は大きな意味がある。今、昨日までホームランを望めるバッターはミレッジかハタケしかいなかった。松井が復帰したことで一発で同点という期待感が持てた。今季初の一軍なのに松井淳の方がむしろハタケよりホームランの確率は高いのではないかと思うくらいパワーを感じる。

武内と飯原復帰で宮出と松井がファームに戻ったとき、なぜ松井まで戻したのか疑問だった。結果をしっかり残していたわけだから。今回、飯原だけを下げて、松井を上げたわけだが、いきなり結果を出すとは流石だ。

武内はストレートが打つのがうまいということだが、8回の2死1,2塁で大竹のど真ん中のストレートを三振している。得点圏打率を考えると今は宮出の方が上かなと思う。しかし大竹という投手の粘りのピッチングも敵ながら流石だった。137球目に最速151キロを投げるスタミナがあるのだから。

どちらも一歩も引かず、ドローに終わったゲームだったが、ここで勝つのと負けるのはエライ違い、ドローだったのは残念だが、8回まで負けていたゲームを9回の土壇場で同点にしてドローにしたのだから、良しとしなくては。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
前回同様先発中澤はコントロールに苦しみながらも5回途中まで広島打線を変化球でごまかしどうにか1点に食い止めた。しかし毎回のように先頭打者を出し、ランナーを塁上に賑わし、いつ大量点につながってもおかしくない不安定なピッチングだった。

カープの野村についてはヤクルト打線も前回の反省を生かしてボール球の見極めができていたというか、野村自身ストライクとボールがはっきりしていたのもあるが、できるだけ球数を投げさせ、中盤の4回に一気に3点を入れ攻略できたのが大きかった。

ただ2死ながら満塁で川端という場面、あそこでタイムリーが出ていたらダメ押しとなったのだが、川端が3度あったチャンスに3タコに終わったのが痛かった。野村のストレートは見かけより伸びてくるのか、なかなか打ち崩せない。しかし7回のチャンスにタイムリー3塁打で価値ある追加点を上げたのでホッとしている。

中澤に勝ち星をつけて上げたかったが、1死2,3塁のピンチをつくってそのまま投げさせていたら、おそらく同点もしくは逆転を許していたかもしれない。難しい場面でも松井はいい仕事をしてくれる。お陰で神様から褒美の今季初勝利のプレゼントが与えられた。

5回裏、2死から中村がヒットを放ったため松井の代打が送られ、藤本が凡打に倒れた。この頃の藤本は結果が出ていない。結果論かもしれないが、中継ぎ投手が不安定ならむしろそのまま松井に打たせて続投させた方がよかったのではと思った。

2番手、3番手の松井、正田は安定していたが、4番手、5番手の山本、日高はコースを狙い過ぎるのか、ボール球が多く、一回抑えるのに四苦八苦していた。その意味でも7回の2点の追加点は大きい。カープ側にサファティを2回投げさせてくれてありがとう、といいたい。2イニングは大分疲れていたと見えて球速も落ちている。抑えのバーネットは今日はよかった。5-1と4点差ありながら、快勝というにはほど遠くまりにも中継ぎがふがいなかった 。だからこの順位に甘んじているのだが・・・。明日連勝しないと今日勝った意味がなくなる。何が何でも勝つんだ、という気迫を全面に出して連勝して欲しい。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
このところ打線が弱く、先発投手が序盤でこけたら、もうその試合は捨てたも同然だったが、昨日の館山に続き今日も村中が中日打線に2塁も踏ませぬ好投で見事連続完封をやってくれた。少ないヒットで手堅く得点につなげる野球がリーグ一うまい中日相手の完封は殊の外嬉しい。

2軍から復帰してからの村中は変わった。精神的な面だけでピッチングがこれほど変わるわけがないだろう。写真が出ていたが、非常に体重がボールに乗る理想的なフォームで投げている。また川本のリードも見逃してはならない、と思う。

連続完封のバッテリーを組んだ捕手がいずれも川本ということになると、たまたまでは説明がつかない。やはりリード面での川本の評価は高くなる。バッティングの方は、思い切りはいいがあまり期待できない。しかしピッチャーがこれだけの結果を出してくれれば、打撃面を差し引いてもお釣りがくるくらいだ。

何がいいのだろう。相手に的を絞らせない、配球のコンビネーションと、攻めのピッチングなのかな?あのコントロールに苦しんでいた村中がウソのようなピッチングだった。序盤いつもフルカウントのノーコン赤川も見倣ってもらいたいくらいだ。常にストライクが先行し、6回までわずか四死球1つだけ。完璧な内容だった。しかも6回を終えた時点で球数が70球のみ。いかに省エネピッチングだったかがわかる。それだけ抜群のコントロールだったということだ。

打線の方は3回まで山内にノーヒットで抑えられていたが、一巡した4回にようやく初ヒットが1番上田に出ると、森岡がバントで送り、3番ミレッジのタイムリーで先制すると、4番ハタケ、5番川端の3連続ヒットで1点を追加、さらに1死1,2塁の追加点のチャンスに田中の当たりがセカンドランナー。野手の正面という不運で併殺に終わったが、あれが左右に逸れていたら貴重なダメ押しとなったであろう。

しかし今日の村中には2点が十分すぎるくらい安定したピッチングだった。打線は当てにならないので、投手陣が安定したチームがどうしても最後は強い。昨年の中日のように。この時期10ゲームあったヤクルトと2位中日との差を逆転された昨年の悪夢を思い出すが、最終的には投手力の差が優勝を分けたといってもよかった。ロマンを入れた3本柱が常に2点以内に抑えられるようになれば、勝ち星もある程度計算できる。

2.5差でいよいよ再度カープとの直接対決、しっかり前回のお返しをして、一気に順位を逆転したい。直接対決のチャンスを逃すと差をちじめるのはなかなか難しい。最後のチャンスのつもりでガンバレ、ヤクルト!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
23日の巨人戦4安打、24日、25日の中日戦3安打、2安打。3日間合わせても10安打に満たないという貧打線。しかもこの中日戦2日間の得点がわずか昨日の1点のみ。投手陣が完封しなければ勝てない状態では、カープとの3位争いに勝ってCSに是が非でも出場を!というレベルではない。投手陣が安定し、打線に勢いがあるカープに勝てる要素が今のヤクルトにはない。

思わぬ故障者続出が大きな要因かもしれないが、現在いるメンバーで戦って行くしかない。近いうちにベテラン宮本の復帰という明るい話が伝わっている。宮本を柱にチームに活気と勢いを取り戻して欲しい。それにしても宮本、相川と試合中肋骨を骨折するという珍しい不運に遭遇してしまった。相川の方は治癒するにはまだ時間がかかりそうだ。その間、中村がめぐってきたチャンスと思ってもう一段成長して欲しい。

中村は捕手として素質的にはいいものを持ちながら、おとなし過ぎるきらいがある。結果を出せないヤクルト投手陣の多くはコントロールが甘く、高めにボールが浮く傾向にあるが、そういう場合、強くピッチャーに注意を促したり、ピンチの場面にはマウンドに行って一呼吸置いて、ピッチャーの緊張感をほぐしてやるような細かい配慮という点で物足りなさを感じる。これ以上カープに離されないように打線も奮起して欲しい。ガンバレ、ヤクルト!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

12件中 1~5件目を表示


1 2 3 >>