今、野球解説者の間でヤクルト好調の要因の一つは」は負傷で戦線離脱している正捕手相川に代わってマスクをかぶっている若手中村の攻守に渡る活躍があるからだという評価が出ている。

 
特にリード面において前回の巨人戦で絶対絶命のピンチでコントロールが今一つだった増渕に対し、バッター長野に3球続けてシンカーを投げさせて見事討ち取ったリードを金村氏が絶賛していたが、あの場面で長野が振らずに選んでいたら逆の結果になったわけで、評価も紙一重である。

 
むしろ私が中村を評価したいところはリーグ一の7割5分の盗塁阻止率と、厳しい試合が続き最後までマスクをかぶりピッチャーのリード面で頭がいっぱいで打撃面がおろそかになりがちだが、これだけの打率を残していることだ。また3塁にランナーを置いた時、外野フライを難なく打てる力があることだ。それが今年の彼の大きな成長だと思うし、期待するところである。

今日から相川が復帰することになったというが、相川には無理させずに2対1くらいの割で怪我の具合が完璧に復調するまで中村中心にマスクをかぶって欲しいと思っている。夏場の厳しいシーズンに一人のキャッチャーでは無理なときが必ず来る。その時こそ正捕手の相川が必要となるはず。だから今は無理せず中村を主に使って行くべきだと思う。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1