阪神相手に連夜の逆転劇で一気に波に乗るかと思われたが、最下位横浜相手に無様にも零封された。前のカードのあの3連勝は何だったのだと思うような不発打線。浜の番長に8回わずか散発5安打に抑えられてしまった。

 投手陣の継投も頭をひねりたくなるような起用だった。先発して6回4安打1失点に抑えた増渕は上出来のピッチングだった。その後の日高は追加点となる1点を与えはしたが、まずまずのピッチング。問題は3番手で投げた一場である。横浜の1、2番にいきなり連続四球。9球投げてわずかストライクは1球のみ。他のチームなら当然そこで交代となるのだが、温情主義なのか一場をそのまま引っ張って3番筒香にヒットを打たれ無死満塁。

 前回の村中のときにもいったが、つまらぬ温情主義は捨てないと一つ間違えると大やけどすることにもなる、という懸念が真実になってしまった。いくら修羅場を何度も潜り抜けてきた松井でも無死満塁でいきなり浜の4番村田との対面では厳しすぎる。結局追い込みながらも2塁打を浴びてダメを押された。

 ファームでは防御率1点台を保っていた一場だったが、1軍はそう甘くない。首脳陣から与えられた絶好のアピールチャンスを自ら棒に振っている。これでは1軍定着はできそうもない。コントロールもおぼつかないピッチャーに大事な場面はとても任せられない。

 今夜は中日も阪神に負けているので差はそのままだが、こういうときこそしっかり勝っておかないと直接対決で1敗もできなくなってから、あの時勝っていたら、と悔いても後の祭りだ。そうならないためにも下位打線につまずかないようにしたいものだ。気を取り直して明日のゲームに全力を尽くそう!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 対阪神戦前回から負けなしの6連勝。しかも大の苦手チームだったとは思えない逆転での3連勝はファンにとっては堪らない。昨夜のゲームは昨年いいようにやられた第二の久保というわれるくらいヤクルトが打てずに苦戦した若手の秋山をKOしての逆転勝ちは昨年の悔しさを晴らしてくれた。

 昨日、今シーズン一軍で投げていない秋山にやられたらショックが大き過ぎるところだったが、昨年いなかったバレンがそれまで2安打に抑えられていた秋山から2ランホーマーを放ち逆転に成功。秋山はバレンとは初顔合わせ、苦手意識がなかった分、いい結果を出してくれた。

 ホームで勝つこと、それがファンを呼ぶ条件だ。その意味でホーム神宮での虎を連続して3タテは十分その条件を満たしている。今夜のゲームは幸先よく初回バレンの3ランによる3点を先制、ヤクルト先発が館山とくれば勝利は堅いと思った。

 ところが5回金本に2ランを与え、6回には宮本の拙い守備もあり、同点そして逆転を許した。今夜の阪神のピッチャーは阪神の左のエース能見である。大の巨人キラーで知られているだけに、初回に2安打による3点のみ。7回バレンにヒットが出るまで完璧に抑えられていた。最悪隅3で終わりかと思った。

 100球を超えたこともあったのか、8回先頭の川島に四球を与え、青木がヒットでつなぎ、浩康の犠打で2、3塁。そこで回ってきたのが一昨夜のヒーロー川端。それまでいいところなく投ゴロ、2三振を喫していたが、今度こそというファンの期待に見事応え、川端は一塁線をライナーで抜ける2塁打を放ち、ついに逆転。

 3回川端が三振に討ち取られた真ん中低めぎりぎり球で能見が自信をもって投げ込んできたフォークボールだった。それを見事に討ち返し今夜のヒーローの一人になった。8個の三振のうち5個がフォークで三振を奪っていた能見だったが、再度川端には通じなかった。この勢いをそのまま続けてもらいたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 先発村中が初回に阪神に先制の1点を与えるも、すぐにその裏ランナーを2塁に置いて川端の2塁打であっさり同点に追いつくとハタケの22号2ランホーマーで2点勝ち越した。

 2点リードをもらって立ち直ってくれるだろうと期待した村中は、その後もコントロールに苦しみ四球を連発、3回ついにはマートンに最悪の3ランホーマーを浴びて逆転を許してしまった。マートンに11球粘られ、12球目をホームランされたわけだが、それだけ粘られたこと自体、ボールに切れがなかったことになる。ヤクルトのホワイトセルやバレンも長打か三振かより、今回はたまたまホームランになったが、ヒットの確実性の高いマートンのように大振りせずミート主体のバッティングを見習うべきだ。

 故障から復帰後の村中はかっての巨人キラーだったころの安定感はまったくない。故障個所がまだ完璧でないのか、かばいながら投げているのか本調子とほど遠い。4回投げ終わった時点で92球という球数がそのコントロールの悪さ、今日の調子を表している。昨日投げた赤川との安定感の違いがまざまざピッチング内容に出ていた。

 せっかくハタケの2ランで2点リードして押せ押せムードで行こう、と思いきや、まさかの逆転3ランにガッカリ。本来ならその時点で降板させるところだが、小川監督は今後のことを考えて続投させた。親心も過ぎると取り返しのつかない大火傷になるので心を鬼にすることも時には必要だ。

 あのまま負けていたら明日のゲームに響くところだったが、それを帳消しにしてくれたのがヤクルトの若きホープ川端だ。チームの主力となる3番を任されることを意気に感じる、という23歳の若者。その若きホープが見事チームに勝利を呼ぶ値千金の満塁弾をヤクルトファンが大勢つめかけたライトスタンドに放り込んだのだから盛り上がらないはずはない。

 今シーズンいいスタートを切りながら途中怪我でリタイア。復帰してから我慢のバッティングで徐々に再び打率を上げ、8番から3番に抜擢されるようになった。彼の強みは左腕を苦にせず右と同じように打てることだ。特に今日の榎田は阪神の首脳陣に信頼の熱い新人の中継ぎだっただけに、この一発は価値がある。

 このところ川端はチャンスはつくるが自らのタイムリーがなかっただけにタイムリー2塁打の1点に次ぐ満塁弾による5打点の活躍はチームの今後に大きな勢いをつけることになるだろう。また村中の後を受けて5回から登板した日高は立ち上がりランナーを出しながらも阪神の反撃を断つ好リリーフを見せ、プロ入り初勝利を上げた。

 広島にリードされながらもヤクルト戦に見せた驚異的な粘りで同点にし、さらにサファティから勝ち越し打を奪い中日が勝ったので、ヤクルトは負けていたら大変なことになっていた。相手が負けるのを待つより確実に勝ってゆくことが今のヤクルトのやるべきことだ。この勢いで明日も勝利を願う。
 
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 明日からホームの神宮で阪神との3連戦が予定されている。今後を左右する非常に重要な戦いとなる。前回このカードヤクルトが今季初の対阪神3連勝をあげている。あの3連勝でこれまでの苦手意識が払拭されたと思う。対阪神戦このまま連勝を伸ばしたい。

 明日の阪神先発予想がスタンリッジだ。彼は中日、広島と連続して序盤で5点を許し、KOされ、今月に入ってまだ1勝もしていない。前回のヤクルト戦でもKOされ、負け投手になっている。メッセより組みしやすい相手だと見ている。自信が揺らいでいる今、序盤の早い回に得点出来ればKOも可能だと思う。中日のチェンと同様、序盤の攻撃を大事にしたい。

 ヤクルトの先発予想は村中になっている。彼もこのところ2試合勝ち途中降板で勝ち星から遠ざかっている。後輩赤川に負けずに明日はスタンリッジに投げ勝ってもらいたい。中日は今季2つ負け越しているカープ戦だ。中日苦手のジオなのでカープの勝算が高い。ヤクルトはしっかり勝って3.5と差を再び広げたい。ファンの応援をエネルギーにホームでこの3連戦全部勝つつもりで行こう!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 昨日の負け方はショックが大きかった。しかし今日のゲームは昨日の嫌な負け方を払拭するような勝ち方だった。初回チームの支柱である宮本の2塁打で2点を先制し、さらに飯原の2塁打で2点を追加し、4−0と幸先よいスタートを切った。
 
 ヤクルトの若手投手のほとんどが立ち上がりが不安定な中で今日の先発赤川はストレートのスピードは130キロ台と遅い方だが、シンカーを中心に変化球のコントロールがよく、チーム内では館山に次ぐ1.98という防御率が示すように連打を許さず、非常に立ち上がりが安定したピッチャーである。

 よく球持ちがいいピッチャーは打ちづらいといわれるが、そのタイプである。投球フォームの写真を見る限り、ボールに体重(上半身)を乗せた非常にいいフォームで投げている。おそらくスピード表示以上のボールが来ていると思う。

 スピードが乗ったいいボールを投げているのに意外によくヒットを打たれる最近の村中とは対照的に、スピードはそれほどないが、ボールのキレと伸びが違うのか連打をめったに許さないのが頼もしい。このゲームも5回までうるさい中日打線をノーヒットに抑える好投を見せた。

 6回2死からの青木の2点タイムリーが大きかった。あの追加点でぐっと勝利を近づけた。そのあと青木がスチールを試みたが失敗に終わった。あの狙いはいいと思う。年齢からいって谷繁の肩は衰えていると思っていた。それを知る手掛かりとなったことだし、2点を上げた後だったのでアウトもやむを得まい。

 ヤクルト打線は昨日も終盤ヒットがなかったが、このゲームも7,8,9と息切れしたようにノーヒットに終わっている。もし昨日のような1点を争うようなゲームだったら負けていたはずだ。早い回に打線がリードをしたことと、何といっても赤川の好投が今日の勝因だ。

 それにしても谷繁という男の集中力には脱帽だ。今日のゲームでも9回赤川の完封まであと一人というところで、カウントを追い込まれながらも粘って8球目をヒットし、赤川の念願の初完封を阻止する唯一の1点をたたき出している。前の3戦での借りを返すべく憎き谷繁を三振に討ち取って完封としたかったが、最後までこの男から苦しまされた。再度中日と対戦するときまでにこの男に対する対策を徹底的に練って当たってもらいたい。それがこれまでの中日戦の相性の良さを覆した男への対策であり、優勝への近道だと思う。

 土俵際でどうにか持ち応えたが、ホッとするのはまだ早い。27日から次の阪神戦が待っている。前回3連勝とこれまでの相性の悪さをチーム一丸となって覆したが、その勢いを再び期待したい。孝行息子赤川の好投とリードオフマン宮本の先制打で勢いづいたヤクルト打線、そのまま阪神戦には発揮してもらいたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

24件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 >>