昨夜のゲーム、そして今夜のゲーム投打とも気迫でヤクルトは広島に負けていた。先発福井の粘り強いピッチング、そして6人の投手陣から2点を取るのがやっと。広島は投打ともそれぞれ持ち味を生かしていた。さらにチャンスをしっかり得点に結びつけるしぶとい打線。以前の書いたが、ここぞというチャンスにきっちり仕事ができるバッターこそ4番だと思うがカープの4番栗原の3点目がそれだ。

 今のヤクルトは打線がチャンスで得点できないため、先発が中盤までこらえきれず、先制点、追加点を与え、2番手、3番手ピッチャーもつかまり、味方が同点に追いつく前に勝負が決まってしまう。今夜のゲームのように。

 それにしても今のヤクルトは苦手なのは阪神だけとは言えなくなった。どこのチームと対戦してもこの貧打線ではとても打ち勝つことは無理だ。阪神、巨人、中日そして広島いずれも打線が勢いがある。とっくに尻に火がついた状態でこれらのチームとの対戦は非常に厳しいものがある。

 ただ昨夜のゲームでナインの中の最年長の宮本が見せた最後まで諦めない姿と今日の福井に対し唯一2安打と気を吐いた宮本のゲームに掛ける姿勢を一人一人の選手が見習ってもらいたい。このまま首位を譲り渡すつもりか。最後の意地を見せて欲しい。意地を見せるとすれば、今が最後のチャンスだろう。陥落してから再度浮上するのは難しい。あの時、がんばっていればでは遅い。悔いを残さないためにも今やらねばいつやるんだ。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 打線のタイムリー欠乏症は深刻だ。阪神戦の由規に続き今夜の石川も好投しながら味方打線が勝ち越しのチャンスにタイムリーが出ず、カープを上回る12本のヒットを打ちながら、カープに守護神イムがタイムリーヒットを許し2−3の1点差で惜敗。

 ヒット性の当たりを好守に阻まれたり、ランナーのいない最終打席でようやくヒットが出た青木。三振かホームラン、いや今は三振か内野のポップフライという当てにならない大砲バレンティン。好調時は頼りになるバッターだったが、今ではこの二人にチャンスが回ってくると諦めの方が強い。

 チャンスで打席が回ってきてほしい川端だが、むしろチャンスメーカーになってしまい残塁でホームを踏むことができない。川端の場合、討ち取られても粘れるところが魅力だし、阪神戦でも久保に対して打てないながらもしっかり工夫のバッティングができるのでこういうバッターは伸びると思う。なぜ阪神2戦目に外されたのかわからない。彼ならメッセンジャーに対しても勝負強いバッティングをしただろうに・・・。

 先日の阪神戦でバレンとマートンのスィングの違いに気づいたことを触れてみたい。今のバレンのスィングはほとんどアッパースィングだ。それに対しマートンはややダウンか水平気味である。前述したようにバレンの当たりが高く上がった内野フライがことごとく多いのもアッパースィングでボールの下を叩いているからあのような当たりが多くなるわけだ。それに対し、マートンの打球は低いライナ性の当たりが多く、バットの芯で捉えている。バレンが打率250厘に対しマートンの打率302厘という数字が示すように確実性という点で大きな開きがあるのは明白だ。

 こういう弱点を修正しない限り同じことの繰り返しだ。コーチはもう少しそういうところを本人にアドバイスしてやるべきだ。日本のホームラン王ー王貞治ーが荒川コーチの指導のもとで一本足打法と日本刀を用いてのダウンスィングを採り入れて飛距離を伸ばしたのは有名な話だ。今、ヤクルト打線に必要なのはたまに出るホームランより確実に得点に結びつくチャンスでのヒットである。これ以上好投の投手陣を見殺しにしないでほしい。打線の奮起を願う!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 メッセには前回の攻略法を思い出して臨んでほしい。ボールに手を出さない。好球必打を心掛ける。ゴロだったらフィールディングが悪い足元を狙う。コントロールが良ければゆさぶりうをかける。巨体を出来るだけ動かせ、疲れさせる。粘ってイライラを募らせる。

 先発由規については、コントロール重視を!スピードボールを投げようと思って力まない。8分くらいの力で投げる方がボールが伸びる。手投げにならないように気をつける。立ち上がりに注意。追いこんでから四球を与えることがままあったが、それに注意。とにかく負けられらないゲームなのでがんばりを期待したい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 ヤクルトが優勝するためには越えなければならない試練がいくつかあるだろう。その最初の試練が阪神に対する苦手意識の克服と選手が一丸となった勝利への執念だろう。このチームにこれまでのようなゲームをしていたら優勝をおのずから諦めるようなものだ。一ゲーム一ゲームが落とせない背水の陣の危機意識をもって臨まないと阪神戦の勝利は無理だと思う。

 目下3勝9敗とヤクルトに大きく負け越しているヤクルトにアレルギーを持っている中日の和田や森野は、阪神に同じようにアレルギーを持っているヤクルトのハタケや青木にたとえることができよう。

 ところが前回の中日第3戦目の途中から出場して逆転3ランとダメ押しのソロホーマーの2発を放ち、ヤクルトアレルギーを払拭するような選手の出現でヤクルトは勝ち試合をみすみす落とした。それが平田である。
中日・平田のような選手がヤクルトにとって対阪神戦に今一番求められている。それが意外にも久保から今季初ホーマーで先取点をたたき出したガイエルかと思わせたが、中継ぎが追加点を与えてしまっては話にならない。ヤクルトにも阪神アレルギーを払拭する中日・平田のような選手の出現を祈る。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 久保に対し青木が12打数ノーヒット、同じく主軸のハタケも11打数ノーヒットだという。中5日で登板の保に珍しくガイエルの2ランで先制したまではよかったが、先発村中が3回裏一挙4点入れられ逆転されると、後はもう虎の押せ押せゲームで15安打9点、ストッパー藤川を休ませて悠々4−9で虎が楽々逃げ切った。いつもいうように中日戦の逆バージョンを見ているようでとても首位のチームのゲームではない。

 6回1死1、2塁のチャンスにハタケが3−2と粘りながらもストライクゾーンから地面すれすれに落ちるフォークボールを三振した場面が象徴するように久保に10三振を喰らったヤクルトバッターのほとんどがストライクからボールになる球を振っている。それでいて打つ気がないと見るとストライクをズバッと取ってくる。
 
 マウンド上で余裕の笑顔を振りまく久保を見ていると如何にヤクルト打線が舐められているかがわかる。いつも同じように投げれば討ちとれるこんな楽なチームはないというところだろう。久保の対ヤクルトに対する防御率が1点にも満たない0.78という数字を見れば当然だろう。最下位横浜でさえ4.18と久保を打っている。この際、横浜打線に久保の攻略法を頭を下げて教えてもらった方がよさそうだ。

 久保アレルギーににかかっていないファームから上がってきたガイエルだけが久保の内角を見事なまでにホームランしたり、ハタケやバレンが三振しているボールになるフォークをしっかり見届けて7回四球を選ぶなどB・Sの見極めができていた。それができないと何度も同じピッチャーに苦渋を味わうことになるだろう。

先発村中は球威はあったように見えたが、コントロールに苦しみストライクを取りにいって打たれた。3番手の橋本は中日戦でも中田にストレートをホームランされたばかりだが、前回の反省が生きていない。今日もボールが全体的に高目だった。二度とファームに戻りたくなかったら一軍では球威だけでは討ち取れないことをもうわかってもよさそうだ。その点、2番手の渡辺恒は打者心理を読んだピッチングができるピッチャーだと思う。彼のような技を身につけたら勝ちゲームに使ってもらえるだろうが。

 
[Web全体に公開]
| この記事のURL

20件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 >>