館山は前回の横浜戦、そして今日の巨人戦いずれも好投しながら、不運な形で連続して勝ち星を逃した。9回表1死1、3塁で青木がこのゲーム3本目となるヒットで4−2と喉から手が出るほど欲しかった追加点を上げ2点差としたときは勝利を確信した。

 ところがその裏代わったストッパー・イムが先頭打者ラミレスにヒットを打たれた後、小笠原の内野ゴロを捌こうとして転倒、内野安打で無死1、2塁にした。ここで前の打席で館山からホームランを放っている阿部を迎えた。1死取っていれば無理に勝負することはなかったが、無死では歩かせるわけにはいかない。結局、阿部と勝負してタイムリーを打たれ、1点差とされた。1死1、3塁で脇谷がしっかりセンターフライを打ち上げ、それが犠牲フライとなり3塁ランナーが生還、ついに同点にされた。と同時に好投館山の勝利は空しく消えた。

 結果論を言うようだが、7回阿部にボールを先行させ、カウントを取りに行ったストレートを本塁打されたが、それまで阿部を完璧に抑えていただけにカウントを悪くしたことが悔やまれる。しかしせいぜいタイミングが合っていたのは亀井くらいだったことを考えたら館山を続投させた方がたとえ打たれたとしても自らの責任ならどんな形にせよ納得できただろう。不運が重なり、すんでのところで白星を逃したのは館山がよかっただけに気の毒でならない。

 打線では大砲が音なし状態ながら、1,2番コンビが復調し、バレン以外の下位打線もつながりがよくなっている。初のクリンナップを任された川端の粘り強いバッティングが戻ってきたのが明るい材料だ。勝てたゲームを分けたのは残念だが、巨人3連戦に1つも負けなかったのは大きい。

 このゲームで特に目についたことは館山のピッチャーとしてだけでなく打者としても素晴らしいものを持っていることだ。5回の逆転も彼のしっかりした選球眼による四球からだった。そしてバントの出来ないピッチャーがヤクルトには少なくない中で非常にバントがうまいところはピッチャーとしての能力だけでなく打者としての器用さを感じた。

 昨夜のスポルトで館山の多彩な投球術について取り上げていたが、12種類の球種をケースバイケースで投げ分けている、と聞いて改めて「多彩な変化球を操る魔術師」という言葉がぴったりな投手であることにきずいた。特に右に落ちるフォークと左に落ちるフォークを投げ分けることができると聞いて、しかもストライクゾーンにコントロールできる能力、他のチームにはいないまさにヤクルトの宝である。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 加藤の大学での実績、そして今年のファームでの防御率1点台の成績を見たら、なぜと思うような一軍マウンド上での自信のない表情、落ち着きのなさ、それがあのような立ち上がりの悪い結果を招くのだろうが、ホームランを打たれた亀井へのタイミングをずらしたはずのスライダーは全くキレのない手投げだった。遅いボールはことごとく高めに浮いていたし腕がしっかりふれていなかったばかりか、昨日の新人七條とは好対照でコントロールの悪さが目立ち、どちらがルーキー?と思うようなピッチングだった。

 3点先制された時点で代えられてもおかしくない内容だったし、他のチームの監督だったらおそらく悪過ぎる内容から言って代えていただろう。ここで代えたら今後の事にも響くと考えるのが小川監督だ。その監督の気持ちに応えるように2回から立ち直った加藤は4回までG打線を0に抑えた。しかし味方が4回に逆転し、5回2死で勝利投手の権利を持ちながら、小川監督は松岡に代えた。そこに小川監督の初回には代えなかった温情と、あくまで勝負にこだわる厳しさを見た感じがした。

 結局、松岡が同点にされながらも、小技で再びヤクルトが5−4と勝ちこした。これで必勝リレーで勝利が見えてきた、と思いきやバレンが長野のライト前ヒットをグラブさばきの拙さから後逸して3塁打打にしてしまったことがラミレスのタイムリーを呼び、再び同点にされてしまった。ジャイアンツは9回裏にチャンスをつぶし、ヤクルトは延長10回表2死1、3塁と追加点のチャンスはあったが、タイムリーが出ず結局ドローに終わった。

 35打席ヒットが出ないバレン、打撃不振の影響からか、定評のある守備面でもチームの足を引っ張ってしまった。好調のときはボールには手を打さなかったバレンだが、今はボール球を手を出し空振りするシーンが目立つ。そして長いスランプが続いている。本来なら外すべきだが守備がいいので使われているのに、その守備でミスをするようでは使っている意味がない。しかし投手陣が踏ん張りで負けなくてよかった。先発陣の谷間でドローなら上出来というところだろう。

 横浜が中日相手に連夜の打線爆発で大勝している。中日は投手陣が崩れるとブランコもいないし、迫力に欠ける弱体チームになってしまう。これから夏にかけてがどこのチームも苦しい時期だが、ここを負け越さなずに乗り切れば実りの秋が見えてくるはず。昨年小川監督に代わってから巨人のお客さんから完全に脱却し、今季もいい戦いをしている。明日は館山で行くなら負けるわけにはいかない。がんばれヤクルト!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 巨人に快勝すると、やはり嬉しさが格別だ。七條が投げる姿を初めてテレビで見たが、素晴らしいピッチングだった。初回巨人の1番から3番まで3者連続三振は圧巻だった。新人が初先発で勝利投手になったのはヤクルトでは藤原真以来42年ぶりだというからすごい記録だ。また巨人戦では初だという。
 
 8回から代わったバーネットのボールも球威はありながら巨人打線に簡単に2安打されているのを見て、キレという点で七條のボールの方がずっとよかった。7回フルカウントになりながら一つも四球がないことはコントロールの良さという点でも新人ばなれしている。祐樹は斎藤だけじゃない。ヤクルト祐樹の存在感を見せつけたゲームだった。

 巨人のクリンナップを小笠原のヒット1本に抑えたピッチングは天晴れそのものだが、あのラミレスが球威に完全に押されていた。BS日テレの解説を担当していた中畑氏も度胸とコントロールの良さ、考えたピッチングなど新人とは思えない印象に残るような素晴らしいピッチングだと七條をベタ褒めだった。

 春先のキャンプで順調な仕上がりを見せ、一軍先要員に入っていながら不運にも怪我でそれを棒に振ったが、もし故障なく出続けていたら交流戦もかなり違っていただろう。しかし由規、村中を欠き、投手陣の台所事情が厳しい中での突然の救世主出現はチームにとって心強いことである。

 七條があまりにも素晴らしいピッチングをしたので話題は彼のことばかりだったが、打線の方は主力外人二人はダメだったが上位、下位打線ともよく繋がった。特に快音がなかった浩康、川端にヒットと打点がついたのがよかった。3連戦の初戦を取ったのも大きな意味がある。4月から対巨人4連勝、この勢いで明日も勝とう! 

 
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 前回の巨人3連戦は真にヤクルトが投打のバランスがガッチリ噛み合い、連勝街道をまっしぐらの最中だった。26、27、28の3連戦を7-1、4-1、4-0と危なげなく3連勝したゲームだった。

 交流戦でパリーグ・ハリケーンに襲われたようにセリーグは今年も無残な結果に終わった。それから2ヶ月後、投打ともに故障者を出したり、調子を落としたまま、復調していない選手が多い中で9連勝中の戦いを期待しても無理というものだ。しかしその気持ちだけでも思い出してもらいたい。

 相手の巨人はむしろヤクルト以上に重症だった。しかしこのところ故障者が相次ぎ復調してきた巨人は手ごわい相手になりつつある。明日先発が予想される七條が中盤まで踏ん張れるかがカギだと思う。BS日テレが18時から放映するので応援しよう!

 横浜戦のような打線のちぐはぐな攻撃では勝ち越すのは厳しいだろう。4月終わりから5月初めにかけての快進撃を思い起こしてまずは初戦をしっかり勝って波に乗りたいところだ。当然巨人は首位との直接対決で3連勝して一気にその差をちじめる狙いでくるだろう。悪くても3連敗は阻止しなければならない。とにかく気迫で負けてはならない。そしてチーム一丸となって七条に白星をプレゼントしよう!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 交流戦の間も西武にサヨナラ勝ちして、これで打線が波に乗ってくれるだろうと思った翌日、大敗したり、対横浜戦も初戦に延長サヨナラ勝ちしたのでこのまま勢いに乗ってくれるかと思ったが、昨日も連勝はしたものの繋がり今ひとつ、タイムリーがなかなか出ず、効率の悪いゲームだった。

 今日のゲームも序盤のチャンスで先制点を取れば主導権を握れたはずだったが、チャンスをつぶすうちに相手に先制され、昨日の逆のようなゲーム展開に持ち込まれ、防御率5点台の須田に5回までわずか散発2安打とお寒い打線。彼には悪いがバンクや日ハム打線なら3回と持たなかっただろうピッチャーに6回まで0に封じられるようでは味方ピッチャーが0点に抑えないと勝てない。

 バレンも当たりがとまったままなのが厳しい。ホワイトセルのように1本ヒットが出れば、復調してくれると思うが、そのきっかけがつかめないままでいる。皮肉なもので前のゲームでサヨナラでホーマーを放ち、調子を取り戻し、期待していたホワイトセルがいきなり捻挫で欠場とはタイミングが悪すぎる。

 川端も復帰したが、怪我で欠場していた分、ボール勘がつかめていない。怪我をする前のような粘り強いバッティングが見られず、今の255厘という打率がその調子を示すように、3割打っていた打率も急降下している。交流戦前のように打線が復調しない限り苦しい戦いが続くことになる。それにしても2位の中日がいつも付き合いよく負けてくれるのでツイテいる。次は巨人戦なので、打線の一日も早い復調を期待したい。

 
[Web全体に公開]
| この記事のURL

29件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 >>