1点差で迎えた大詰めの9回表からチームの士気を鼓舞する狙いで送り出したストッパーイムが大誤算。いきなり先頭打者阿部に打たれたのは仕方ないとして小笠原をファールで2死を取った後、代打鈴木にゴロのヒットを許し、あたっていない古城にはっきりボールとわかるストレートの四球を与え満塁。そこで代打由伸に1ボールのあとのカウントを取りにいったど真ん中の球を走者一掃の2塁打され、1−5となった時点で緊迫した好ゲームにピリオドが打たれた。

 解説の大島氏も言っていた。小笠原のファールを巨人ダッグアウトに飛び込みながら好捕した相川のファインプレーがあって2死までこぎつけたが、今夜のイムはコントロールが悪く、相川のかまえるミットをことごとく外していたと。ヤクルトナインの士気を高め、逆転劇を狙って出したストッパーの思わぬ大誤算でチームは敗れた。

 ただ、そのまま終わっていたら後味の悪い敗戦ムードを明日に引きずるところだったが、その裏先頭打者の代打福地の当たりは久保のさし出したグローブに辛うじておさまり不運にもアウトにはなったが、いいあたりのピッチャーライナーだった。次のバッター森岡が久保に代わって登板した西村から2塁打、相川が三振で2死となった後、代打ホワイトセルの2塁打で森岡がかえり1点を返したことは4点差で負けはしたが、明日につながる手ごたえをつかんだ敗戦だ。

 先発内海から6回3安打1得点に抑えられたが、内容はむしろ阿部にホームランを打たれた後、内海の絶妙なバントで2点を献上した石川の方がよかった。不運にも巨人の野手の好プレーに追加点を阻まれた。4回裏の宮本のセンターフライや6回裏のハタケのライトフライなど惜しい打球がいくつもあった。あれが勝負の明暗を分けたといっていいだろう。ここまできたらとにかくベストを尽くして悔いのないゲームをするだけだ。ヤクルトの勝利を祈る!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 小川監督は試合前、内容はどうであれ勝ちにこだわるゲームをしたいといっていたが、ほぼ狙い通りのゲームができたと思う。先発館山と沢村との投手戦。先制点を与え沢村からなかなか連打が奪えず苦戦を強いられたが、5回数少ないチャンスで下位打線の森岡、相川が2死から連続ヒット、さらに藤本が同点タイムリーを放ちゲームを振り出しに戻したのが大きかった。最終ゲームでのカープマエケンからの同点打といい、ここぞというときの藤本の勝負強さは心強い。

 6回2番手として登板した村中のピッチングは今季一番の内容だった。コントロールも抜群で、149キロの速球も戻り、巨人キラー全盛時の村中復活を印象付けた。この村中の好投が6回裏の宮本の勝ち越し打につながったといっていいだろう。最終回あと一人というところで代打サブローに一発を浴びてマウンドを降りたが、それまで12打者にヒット1本に抑えた好投は頼もしかった。ペナントレースで期待を裏切った一人の村中の復調は大きい。

 このゲーム勝ち越し打を放ったのがチーム柱である宮本だ。西村の内角低めに食い込む高速シュートを腕をたたんでセンターの深い場所にうまく撃ち返した。さらに続くバレンがつまりながらも内角の難しいシュートをライト前に運び3−1と2点差とした。この2点のリードが投手陣に心の余裕を生んだ。

 中継ぎの押本、松岡で2回は無理。NHK−BSの解説者今中氏も村中は完全に先発モードに入っていたと言っていたが、回の途中から投げて先発モードの成りきるのは非常に難しいのだが、昨夜の村中はそれができていた。巨人打線が村中にてこづっているのを見て続投させ、サブローの一発でイムにチェンジ、あたっている坂本はイムに完璧に抑えるという小川采配に選手がよく応えた。

 前日青木に長女誕生のニュースがあり、バッティングでも期待していたがエラー出塁があったものの快音が聞かれず。今中氏も「3番青木」は投手にしてみると怖さがない。むしろ1番バッターの方が怖いと言っていたが、「3番青木」のタイムリーの記憶が薄い。カープの最終戦といい下位打線に助けられている面が大きい。巨人の主力打線に対してかなり見劣りするが、この戦力で戦うしかない。短期決戦がむしゃらに1点を取る野球にこだわり一気に勝ち越したい。今日こそ主力のがんばりを期待したい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 カープの前田健太に8回までノーヒットに抑えられ、9回先頭打者ホワイトセルが三振に倒れた時点でノーヒットノーランを覚悟した。そして今夜も不甲斐ない貧打線に対する不満たらたらのブログになるところだった。

 しかし勝ったからと喜んではいられない。いくら前田がよかったとはいえ、この貧打線では投手陣がよほどがんばらないととても勝てそうもない。巨人の内海、沢村、中日の吉見クラスのピッチャーが先発したらお手上げだ。

 8回までの攻撃を見ているとまるで順位が下位のチームのそれであり、CS出場が決まっているチームとは思えない元気なさ、消化試合のようだった。

 この前のブログでカープとの最終戦に勝って巨人とのCSに弾みを、と書いた。確かに巨人と同様最終ゲームに有終の美となる勝利を飾ったが、あちらが派手な満塁サヨナラホーマーに対し、こちらは地味なゴロのタイムリーヒット。サヨナラ勝ちは同じだが、9回の3安打がなければ・・・・・。

 1死満塁でハタケとくれば、長野と同様サヨナラ満塁弾を期待したが、今のハタケにはちょっと無理なようだ。ホームランは2位だが、同じ4番の新井に打点王を奪われ、栗原にも抜かれたのも、ランナーを置いての得点圏打率の差だった。

 打線にはあまり期待できないが、最終ゲームでの勝利は心から喜びたい。そして最後のサヨナラを決めた福ちゃんの今季二度目のサヨナラにありがとう、と言いたい。やはり福ちゃんはチームにサヨナラという福をもたらしてくれた。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 25日の広島との最終戦に勝利してペナントを制した中日への挑戦を掛けて29日から始まる巨人とのCSに弾みをつけたいところだ。

 しかし前のゲーム中日との最終戦では主力の大半を外したメンバーに勝てなかったことに失望させられた。またCS最初に闘う相手の巨人は横浜との最終戦で8回まで1−2とリードされながら、9回土壇場代打長野がサヨナラ満塁ホーマーでドラマチックな勝利をおさめ、これ以上ない盛り上がりでシーズンを終えている。

 中日との最終3連戦で相手に3タテし、CSを争うセリーグ3チームの中で最も打線が当たっているのが巨人であることは間違いない。さらに小笠原が復帰した。この打線をどこまでヤクルト投手陣が抑えられるかが中日への挑戦権を獲得できるかのカギになるだろう。

 中日投手陣を叩いて3連勝した巨人はヤクルトよりむしろ中日戦の方に自信があるだろう。逆に中日はヤクルトより巨人がCSを勝ち上がることに非常に警戒しているはずだ。ヤクルトとの最終5戦を全勝しているのだから当然だろう。

 打てないヤクルト打線に輪をかけるように心配な情報が飛び込んできた。9連勝中大活躍をみせた川端が左手首損傷のため、CSに出場できなくなったことだ。あれだけ粘り強いバッティングをしていた川端が大事な中日との4連戦に大不振に陥ったのは何故だろうと思っていたが、痛みを押しての出場で手首に力が入らず結果が残せなかったのではないか。

 青木は2005年から6年間続けてきた3割以上の打率を今季初めて達成できそうもない。素人目にもあの低すぎるバッティングフォームでは高めのストライクゾーンは打ちづらそうだし、普通の選手の胸元のコースが頭部の高さなので相手ピッチャーからの危険球を受けやすくなるのが何より心配だ。岩瀬から受けた頭部へのデッドボールが記憶に鮮明に残っているが、今季も危険球を受けて救急車で運ばれるということがあった。幸い大事にはいたらなかったけれど、一つ間違えれば生命にかかわることだけに来季はもう少し高い姿勢にフォーム改造すべきだと思う。

 目下打率3位でがんばっているヤクルトの長老であり、チームの柱である宮本には頭が下がる。ペンントも後1試合残すのみだが、どうか3割をキープし、マートンに次ぐ3位の成績をおさめて欲しい。CSでは相川とともに下位打線のポイントゲッターとして活躍を期待したい。広島との最終戦に勝ってCSに弾みをつけて巨人にぶつかって貰いたい。ペナントの悔しさを力に代えて中日への挑戦権を獲得しよう!がんばれヤクルト!
 
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 昨夜、NHKBSで横浜ー中日戦を見ていた人はサード敷田球審の横浜内藤、筒香の2人に対する空振りとするジャッジに疑問を感じなかっただろうか?スローで見ても誤審としか思えないものだった。ストライクやボール、振ったか振らなかったかの判定は監督や選手は口出しできないことになっているというが、「君子危うきに近寄らず」という格言があるが、だからこそ自分が確信を持って空振りと言えるもの以外はスィングアウト三振のジャッジを下すべきではないと思う。

 スローで見たが、2人ともわずかにバットは動いたが、それを握った腕は脇から離れることはなかった。あれをスィングと取られてはたまらない。中日の優勝が決まった重要な場面での筒香の方の顔の表情はうかがい知ることはできなかったが、内藤の方は明らかに、「まじ?」「それはないだらろう」と驚きの表情を浮かべていたのがありあり見てとれた。この線審については今後のこともあるので記憶に強くとどめたいと思っている。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

20件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 >>