ピッチャー村中を含む先発全員安打で久々のワンサイドゲームで快勝した。初回、朝倉の立ち上がりを攻め、無死ランナー1,3塁で青木の内野ゴロでまず1点、デントナの2ラン、ガイエルのソロで合計4点を奪う。

 初回の4点だけだったらどうなっていたかわからない。3回表ランナー1,2塁でガイエルのタイムリーで1点を追加した後、満塁にして藤本が走者一掃の2塁打を放ち、さらに3点を追加し、8−0とした。この3点が勝負を決定づけたと思う。その意味でこのゲームの陰のヒーローは藤本だと思っている。

 投げては村中の好投だ。強打の巨人を相手に2勝しながら、他のチームとの対戦では苦しんでいた。やっと巨人戦以外で彼の真価が出せた。粘りの中日打線を多彩な変化球を織り交ぜ、7回3安打失点0に抑えたのは素晴らしかった。

 ただ打率4割を超え、首位打者の森野だけは役者が違った。全4安打のうち3安打と今日も一人気を吐いた。圧巻は3回村中に9球投げさせた後、10球目をレフトにヒット。巨人のあの小笠原をきりきり舞いさせた村中に対し、このバッティングである。左対左など全く苦にしていない。弱点が見つからない。敵ながら天晴れだ。

 打線の久々の爆発、両外人の長打で快勝し、交流戦を前にして連敗をストップさせたのはよかった。しかし開幕ダッシュが今日のような状態だったことを考えると、喜んでばかりはいられない。ホームランはそう打てるものではない。やはりつなぎのバッティングが一番大事だ。このゲーム後半淡白な攻撃が目立ったことを考えると、勝って兜の緒を締めて交流戦に臨んでもらいたい。

*** ブログを書くのに30分以上経過すると更新の際、エラーが生じ、再度書き直さざる得なくなる。今夜もそうだった。SPORA管理人の方どうにかなりませんか?
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1