打撃不振が続く大砲ガイエルを我慢して4番を打たせ続けたが、高田監督の堪忍袋の緒が切れ、ついに4番から外した。4番バッターは出来ればホームランバッターが望ましいが、適任者がいなければ、昨年の日ハムの高橋信二のように、打率がよくてチャンスに強いバッターなら、それでいいと思う。

 今夜のゲームの4番は飯原だった。このところいい働きをしていたので悩んだ末に起用したのだろうが、いいところなくノーヒットに終わった。ヤクルト打線を見回してみても今4番バッターにふさわしい打者が本当にいない。

 この3連戦で初めて序盤で横浜にリードされたゲームだった。ヤクルト打線の勢いを占うゲームだったといえる。このカードの緒戦で横浜が見せた大逆転劇のお返しが出来れば、再浮上の期待が持てそうだと思っていたが、その期待は残念ながら裏切られた。それだけの反発力があれば、今この位置にいないことを改めてこのゲームで気づかされた。
 
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 ふだんおとなしそうな藤本が主審の胸をはげしく突いて猛然と抗議する場面があった。それをフジテレビの「すぽると」で見た。その抗議に至る経緯は、ランナー三塁にいた藤本が宮本の強いファーストゴロでホームに滑り込んだ。

主審はキャッチャーのタッチが早いとみてアウトとジャッジした。キャッチャーの背後から見たら走者がホームベースに滑り込んだのが早かったか、それともキャッチャーのタッチが早かったのか非常にわかり難い。しかしすぽるの一塁側からのカメラが藤本の足が明らかに早かったことをとらえていた。

あれでアウトとジャッジされたら彼が怒るのも当然である。しかし高田監督も抗議したそうだが、微妙なホームランがビデオ判定にしばしば持ち込まれるのにホームベース上の得点にかかわる大事なシーンのビデオ判定を審判団になぜ高田監督が要求しなかったのか納得がゆかない点である。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1