落合監督は交流戦直前の対ヤクルト三連戦の第三戦目でチームが0−9と大敗を喫したにも拘わらず、大差で負けても1点差の接戦で勝つのがうちの野球、2勝1敗は計算通り、全く気にしていない、とマスコミに語ったという。たった1点差で勝っても勝ちは勝ち、反対に大差で負けても単なる1敗にすぎないという考え方、そこに落合監督のオレ流したたかさが感じられる発言である。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1