ヤクルトの左右の速球派由規、村中が横浜に苦戦を強いられる中で、MAX130キロ台の中澤は前回の完封に続き、横浜打線を7回9安打に抑え、チームの6連敗を救った。

 前回完封されただけに横浜打線は今回中澤をよく研究してきていた。それが被安打9という数字に表れていた。しかし中澤というピッチャーは再三のピンチにも動ぜず、持ち前のバットの芯を微妙に外す、新人とは思えない投球術を心得ているように感じた。それが大崩れしない抜群の安定感で防御率1点台に抑えている秘訣だろう。

 先発投手が昨夜のように安定感を欠いていたら、今夜も昨夜の悪夢の二の舞を踏むところだった。というのは昨夜と同様序盤で5点を取ったもののそれ以降打線が沈黙してしまい追加点を上げることができなかったからだ。その意味でも中澤の踏ん張りが勝利に大きく貢献した。

 勝ったものの反省点も多々あったゲームである。たとえば4回2死の満塁のチャンスに武内を引っ込め、衣川を代打に送った場面である。左対左の相性を考えてのことだろうが、だったら1死で極度の不振に陥っている同じ左のガイエルのところで衣川に代え、当たっている武内はそのまま打たせた方が得点の可能性は大きかったはずだ。また5回のチャンスに絶好調の上田に代えて宮本を代打に送った点だ。4点リードしていたため、守備固めの意味もあったかと思われるが、8回あたりからでよかったのではないか。宮本も疲れているのか2回チャンスの凡打に終わっている。勝ったからいいようなものの9回満塁のピンチに1打出ていたらこのゲームはどうなっていたかわからない。そういうときに追加点の有無が問題になるのである。

 3回までの打線のつながりが上田、武内、藤本(退場)の退いたことですっかり悪くなった感じがする。今夜の勝因はやはり中澤の粘りのピッチングである。これで無傷の3勝目を飾り、ルーキーにしてチームの勝ち頭になっている。新人王に向かって中澤のさらなる躍進を期待したい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1