8回4安打と好投しながら、4回ブランコのライトフライをガイエルのエラー、ピッチャー小笠原のヒットなど一気に3点を入れられ、あっさり逆転された。しかしあのエラーさえなければ・・・。今夜の由規は被安打は少ないのに突然コントロールを乱したり、主力打者をほぼ完璧に討ち取りながら、ピッチャーや2割以下のバッターに四球を簡単に与えたり無意味な四球が多すぎた。

 9回に岩瀬からノーアウトで福地が3塁打を放ち、続く青木の犠打で3−3に追いついたのはよかったが、8回裏の攻撃に不満が残った。相川のヒットでノーアウト1塁のチャンスに飯原に強攻策を命じ、結局はダブルプレー、次の川島が倒れ、ノーアウトのチャンスに何もできなかった。結果的には9回同点にしたが、取れるときに得点をしておかないといつチャンスが来るかわからない。同点ならまだしも1点負けているゲームでは強攻策より、まずは手堅く同点にすべくランナーを2塁に進めることを優先するのが鉄則だろう。中日と違い、タイムリーが当てにならぬ今のヤクルト打線では強攻策での失敗は命取りだし博打野球ともいえる。その点、中日は9回1点リードしていても手堅く小池にバントさせた。その違いがヤクルトと中日の現在の成績の差だろう。

 一度は同点に追い付きながらもイムがブランコに一発を浴び、勝ち越しを許し、さらに1点を追加された。四死球が多かったのは反省材料だが、唯一の救いは、8回まで頑張った由規に黒星がつかなかったことだ。イムが不調なのは頭が痛いところだ。今の中継ぎで安定しているのは押本ということになろうか。もう預金がなくなりそうだ。とにかく何が何でも勝つしかない。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 昨夜、2回までにカープに0−6でりーどされた。その時点でもう半ば敗戦を意識せざるを得ないのが今のヤクルト打線だ。結局そのままワイサイドで負けた。その逆のケースが今夜のゲームだった。2回までに2本のホームランで6−0とヤクルト大量リード。

 しかし、そんなことで諦めないのがカープ打線。その裏2点、そして3回に2点を返し、中盤6回まで4−6のままこう着状態が続いた。そして7回チャンスが到来すると一気に松岡から3点を奪って逆転した。

 3塁までランナーを進めながら後1点が取れないヤクルト打線に対し、ここぞというチャンスにしっかりタイムリーを放ち、得点に結びつけるカープ打線のしぶとさ、今のヤクルトとの勢いの差をまざまざと感じさせられたゲームだった。それにしても二夜連続先発が序盤でKOとは情けなさすぎる。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
 先発川島の大乱調で2回で勝負が決まってしまった。Bクラス相手に何度もこういうゲームを見せつけられると本当にショックが大きい。先発が序盤でKOされるとホームランバッターの少ないヤクルトはたいていこういうワンサイドゲームになってしまう。最終回、久しぶりにガイエルの一発で一矢を報い、さらに1アウト2,3塁だったが飯原が併殺で万事休す。

 一軍復帰で川島に期待したのだが、あわや初回に打者一巡かと思われるほど、打てばヒット、選べば四球というお手上げ状態。ボールの切れ、コントロール共に最悪だった。直球のスピードはそれほど変わらないユウキがなぜ序盤でゲームを壊さないか、川島も冷静に考える必要がある。栗原のホームランは内角だったが、おおむね外角が多く、攻めの姿勢が欠けていたように思われる。

 初ヒットを打ったのは川島亮だったが、前田の前に野手がてこずっているのに見事なクリーンヒットだった。昔からバッティングセンスはいいのでピッチャーがダメなら宮出のように打者転向も考えた方がいいかもしれない。

 前田の調子から見て2回で6点を先制され、逆転は難しいと考えて、無駄にピッチャーを使いたくないので川島を4回まで続投させたと思うが、4回9安打9失点ではどうしようもない。守る時間がカープの3倍以上では攻撃にさし障るというもの。特に捕手はこたえる。今日のようなゲームでは調子を取り戻しつつあった相川もリードに疲れ切ってバッティングに余裕がなかったようだ。お願いだから先発はせめて中盤までゲームを壊さないようにしてもらいたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 今夜のゲームは幸運の女神が久しぶりにヤクルトに微笑んでくれたようなラッキーなゲームだった。カープの3つのエラーが勝敗を分けたともいえるが、ヤクルト打線も少ないチャンスをうまく得点に結びつけた。いっぽう先週の阪神戦で畠山の2つのエラーが命取りになったゲームがあったが、それを考えればエラーした彼をすぐに交代させたのは当然のことだろう。(3打数0安打2三振という成績もあるが)エラーの怖さを改めて知るゲームだった。

 相手がルイスということで2,3点の勝負と思ったが、相川の久しぶりの3安打2打点(巨人戦の1本のヒットが復調のきっかけになった)、攻守の要である宮本の復活早々の活躍で苦手のルイスから幸先良く先制点を上げると、エラーもからめ効率よく追加点を重ね、投げては先発館山が粘り強いピッチングで7回まで広島打線をエラーによる1点に抑え、松岡、イムの継投で5−1で逃げ切った。宮本の放った打球にはエラーの魔力でものりうつっているかのようにセンターフライ、内野ゴロといずれもカープのエラーを誘った。

 最終回イムが先頭打者石井にいきなりヒットを打たれるなど、微妙なコントロールに苦しみ2人のランナーを出したが、最後は天谷を三振に討ち取りゲームセット。今夜のゲームは点差があったため精神的には楽だったのが幸いした。
それにしても館山という投手はラッキーなところがある。石川が悲運のヒーローなら館山はラッキーボーイである。さて、このところ初戦を勝ちながら、2,3戦目を落とすケースが多いが今度こそ勝ち越そう!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 セオリーからいけば、9回イムという場面だが、今夜のゲームの流れから行けば、結果論ではなく石川続投が間違いなく正解だったと思う。これはニッポン放送の解説をしていた関根さんも、石川を代えたことを驚いていたくらいだ。高田監督も石川と心中するつもりで最終回も送りだしてほしかった。

 最少得点差1点を守り切るのは非常に難しいことだ。今日の石川は好調G打線の坂本、松本、小笠原、ラミレスなどいつもヤクルトが痛い目にあっている打者を完璧に近い状態で抑えていた。亀井だけには複数安打を浴びたが・・・。

 ホームラン1本で同点という厳しい局面でいくら実績を積んでいるピッチャーでも緊張する。それを考えると8回まで非常にスムーズに抑えてきた石川が一番G打線攻略ポイントを把握していたはずだ。もし彼が9回も続投して打たれて逆転されて10勝目がパーになったとしても自己責任だし、ヤクルトファンも誰も文句は言わなかったと思う。8回を無得点に抑えた彼の力投に誰もがよく投げたと思っているし、逆転されて負けたとしてら1点しか取れなかった打線の責任だと言えるし、誰しも納得したはずだ。ストーッパーイムの連続四球による同点と同時に石川の10勝目は夢に終わったことは堪らなく悔やしいし、石川があまりにも気の毒だ。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

25件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 >>