いやー、ハラハラドキドキの厳しいゲームだったが、よくぞ勝ってくれた。
相手が目下、防御率&奪三振ともセリーグ1位の吉見だけに館山に3点以内で中日打線を抑えてほしいと思っていたが、本当に厳しいゲームをよく8回まで6安打、2点に抑えてくれた。9回のイムも藤井の不運のヒットがあったものの危なげないピッチングで1点差を守り抜いてくれた。

 今夜のゲームのポイントは2つあったと思う。一つは4回表の中日の攻撃。1アウト後ブランコへの死球、それが尾を引き、館山が内角を投げずらいのを読まれ、外角を投げたところを和田に2塁打されランナー2,3塁のピンチ。ここで1発のある、藤井、小池といううるさいバッターを館山が見事討ち取った。ここで1本ヒットを打たれ、逆転されていたらおそらく負けていただろう。

 もう一つは6回の裏のヤクルトの攻撃。吉見は2アウトでガイエルを歩かせ、前の打席で見逃しの3球3振に終わった畠山との勝負を選んだ。正直私も前の打席の畠山が一球も手を出さずに三球三振に討ち取られた時は「引っ込め!」と言いたくなるくらい腹がたった。その畠山にカウントを悪くし、ストライクを取りに来た吉見の4球目の外角直球を見事にレフトにはじき返し、決勝点となる2点を追加した。

 しかしこれで終わらないのが中日のしつこい野球。7回1アウトでランナー2,3塁に置いて谷繁が2塁打で1点、さらに代打立浪のセコンドゴロの間に2点目を返し、2−3とわずか1点差とした。しかし8回館山が無難に投げ抜き、最終回、前述したようにイムが1人ランナーを出したものの、Max154キロの速球、スライダー、シンカーなどをまじえ中日打線を危なげなく討ち取り館山にハーラートップの12勝目をプレゼントした。これで先日マスコミに「ヤクルトなど眼中にない」ような発言をした落合監督に鬱憤を晴らしてくれた。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 先発、中継ぎがことごとく崩れ、下位の広島に無様な完敗でこのカード負け越してしまった。
それにしても先発村中はひどかった。打線が2回に2−1と勝ち越し、5回リードを守り切れば勝ち投手の権利をつかめるのに自らそれを放棄するようなひどい投球内容だった。直球のスピードはMAX147キロ出ていたが、コントロールが悪く、ストライクを取るのに四苦八苦、5回途中で降板するまでの球数が94球だったことからも如何に無駄球が多かったかということが分かる。そしてストライクを取りに来たところを打たれるという悪循環。村中は、初戦に投げカープ打線を8回5安打に抑え勝ち投手になった同じ左腕の先輩石川に投球術を少し教えてもらった方がいいのではないだろうか。

 押本以外は中継ぎも総崩れ、これでは勝てない。7回に川島がルイスから1本ホームランを打っただけで、5回以降は打線も元気なく淡白な攻撃で半ばあきらめムード。中継ぎが打たれ、守りの時間がカープの3倍くらい長く守備で疲れて攻撃に力が出ないような感じだった。特に相川はリード面で疲れ、バッティングまで気が回らなかったようだ。そういうときは思い切って川本に代えるのも一つの策だと思う。田中もしかりである。巨人、中日を追撃する立場のヤクルトが下位球団に今夜のような覇気のないゲームをしていたら敵はどんどん離れてしまうだろう。苦しい時期だが気合いを入れなおして頑張るしかない。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 昨日行われた神奈川県の決勝横浜隼人ー桐蔭の試合を録画しておき、帰宅してから夜見た。
予想した通りの素晴らしいゲームだった。予想が外れたのは隼人の優勝だった。僕もそうだが、大方の者が、これまでの経験からしてもパワーと実績からも桐蔭の優勝を予想していたことだろう。しかしその予想を見事に覆して紫紺の優勝旗をつかんだのは隼人だった。

 初回、両チームともに1点を取り、2回桐蔭が3点を追加し4−1とリードした。こうなると初めて決勝に進出した学校は浮足立ち、相手の一方的なペースになるのが普通だが、隼人は違った。すぐさま3回に3点を返し、4−4の同点にした。ここで桐蔭は先発左腕能間から右腕サイドスローの船本にピッチャーを代えた。

 5回、今度は桐蔭が1点を上げてリードしたまま終盤を迎えた。隼人は8回6番山口のホームランで5−5の同点に追いついた。チャンスはあったものの両チームとも得点できず、隼人今岡、桐蔭船本の投げ合いで延長戦に突入。延長11回、2番興那覇の当たりがセカンドのグラブをかすめてライトに抜ける間に2塁ランナー森が本塁突入、バックホームがわずかに間に合わず隼人のサヨナラ初優勝が決まった。

桐蔭土屋監督が基本に忠実な監督だったのに対し、隼人水谷監督は送りバントを嫌い、走塁でランナーを進める強攻策が特徴だった。後者はリスクが大きく、失敗すればチャンスをつぶすことになるが敢えて水谷監督はそれを行い、ことごとく成功させた。そこには俊足に育て上げた選手への信頼があってのことだろう。

 横浜、桐光そして桐蔭のようなウェイトトレーニングを積んだ高校生離れした、いかつい選手を擁するチームでなければ全国一の激戦地神奈川を制することは不可能かと思っていた。ところが隼人のカラーはそれとはまったく違ったいた。

 それは横浜、桐光そして桐蔭という優勝候補筆頭校を相手に3連続完投、400球以上を一人で投げ抜いた優勝の立役者今岡が見せたピンチでも常に「笑顔」を忘れなかったこととチームワークの良さだった。水谷監督からチームの司令塔であり、「監督」と言われていたキャッチャー船木の存在も大きかった。いつも笑顔をモットーにやってきた選手、そして水谷監督が優勝が決まった瞬間、号泣した。負けて泣き、勝って笑うのが普通だが、隼人はまったく逆だった。それが隼人カラーであり、優勝の原動力だったように思われた。横浜隼人、本当に優勝おめでとう!

  
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 2回に栗原のソロを浴び先制されるも、その裏ランナー2人置いて青木のレフトへの3ランで逆転。これで川島が立ち直ってくれるだろうと思いきや、3回表カープ打線に連打を浴びてすぐに同点にされる。さらに4回、川島はランナー2人を出したがダブルプレーで2アウトを取るも再度ヒットを打たれたところで降板。3者凡退だったのは1回のみ。後は常にランナーを背負ったハラハラドキドキの不安定なピッチングで3回2/3、7安打5失点といういいとこなしのピッチングだった。

 川島の後を受けて登板した木田はランナー2人を置いての難しい場面だった。カープの末永の打った打球をファーストが悪送球、さらにはサードエラーでこの回4点を追加され、3−7とカープに大きく差をつけられた。いまさらたらればを言っても仕方ないことだが、最初のエラーさえなければ0点に終わっていただけに、この4点が命取りになった。昨日のカープにも言えることだが、やはり肝心なところでエラーをしたチームが負けることになる。

 木田の後を受けて登板した萩原も5回満塁にした後、天谷に走者一掃の3塁打を浴び3点を追加され中盤にして勝負は決まったような展開だった。このまま3−10というワンサイドゲームで終わっていたら本当に後味の悪いゲームだったが、7回裏に福地を置いてのデントナの2塁打、さらにデントナを置いて宮本の2ランホーマーで3点を返し6−10にし、及ばずながらも明日につながる意地を見せたゲームだった。

 このゲーム青木が3ランを含む3本のヒットを放ち、気を吐いた。ヒットがすべてレフト方向だったことからも、外角球はそれに逆らわずに素直に左にながすバッティングが心がけたのがよかったのではないか。悪い時の青木は外角まで引っ張って凡打に終わるケースが多かったように思われる。
 ドームでは中日がワンサイドで負けているので2位とのゲーム差を詰めるチャンスだったのに勿体ないゲームを落とした。明日は勝ってこのカードを何としても勝ち越したい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 高校野球地方予選も大詰めに入り、今日だけでも関東地方茨城、埼玉、東東京、神奈川の決勝戦が予定されている。その中でも僕が一番注目しているのが神奈川県大会である。

 昨日、準決勝桐光ー横浜隼人、桐蔭ー横浜創学館が行われ、好ゲームの末隼人、桐蔭がそれぞれ勝ち決勝に進出。

 第一試合は安定感抜群のサイドスロー右腕東條大と強力打線を擁する第一シード桐光が有利と思われたが、優勝候補最右翼の横浜を破って準決勝に進出してきた自信とチーム力で第二シード隼人が5−1で快勝した。
 続く第二試合は5本のホームランが飛び出す壮絶な打撃戦を制し、決勝に進出したのが第一シードの創学館を破ったノーシード校桐蔭だった。

 桐蔭はかって全国制覇したことのある古豪。しかしこのところ横浜、桐光、慶応などに代表の座を譲り、しばらく忘れられていた存在だった。名将土屋監督は密かにこの機を狙っていたかのように慶応、横浜商大そして第一シードの創学館という優勝候補を破り、ノーシードで見事決勝に名乗りを上げた。

 決勝の相手横浜隼人の4番はかってヤクルトの代打に切り札として在籍していたことのある大野雄次氏の息子である。強打の桐蔭かチームワークの隼人か、いずれにしても面白いゲームになりそうだ。

 
[Web全体に公開]
| この記事のURL

37件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 7 8 >>