1回、ワンナウト満塁のチャンスにガイエルの死球による押し出しの1点のみという拙攻が、アップアップの状態だった久保を立ち直らせる結果になった。野球解説者の田尾氏も言っていたが、初回の久保と3回以降の久保は腕の振りが全く別人になった、言っていた。

 2回表に桜井のホームランで同点にされた時、やはり初回のチャンスに1点しか得点できなかったことを嘆いた。取れるときとっておかないとこういうことになるのだとつくづく思った。こういうゲームは流れがどうしても相手にいっていまいがちだが、石川がよく粘り、7回途中まで阪神打線に追加点を許さなかったのが大きい。そして木田につなぎ、最後は林がしっかり最少得点差を守り接戦を制した。今日のゲームのヒーローは7回途中まで阪神打線を1点に抑えた石川と6回、決勝打となる2塁打を打った両外人である。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1