一軍に上がってきた初の先発イ・ヘチョンは心配された初回を難なく3人で抑え、好スタートを切った。しかし2回ヤクルトが幸先よく先制するも、その裏カープに追いつかれ、3回青木の2ランホーマーでひきはなすと、その裏すぐに1点を入れられ、さらに塁上にランナーをためたところで高田監督はイに代えて押本をマウンドに送った。

 ペナントスタートしたばかりの頃は昨年と同様先発を引っ張り過ぎて失敗するケースがあった。その反省からか、投手の見切りが早くなったのはいいことだと思う。あのまま5回くらいまでイを引っ張っていたらおそらく逆転されていただろう。しかし押本は4回に1点を許し同点に追いつかれた。

 そして5回表4番デントナの貴重なソロホーマーで再び1点をリードし、さらに6番の畠山のソロで5−3と2点をリードした。その裏からヤクルトは小刻みに丸山、松岡、木田、五十嵐そしてストッパーの林と継投し、5回以降はカープ打線を0点に封じて接戦をものにした。打線では青木、デントナ、畠山の3発のホームランがあったが、このゲームの一番のヒーローは3安打2打点の畠山だろう。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 5試合を消化した時点で1分け4敗と阪神はまだ巨人に今シーズン1勝もできていない。昨年から数えると11連敗中である。まるで虎が飼いならされた猫になっている。昨年、前半で2位に10ゲーム以上の差をつけ、ぶっちぎりで首位を独走しながら逆転されて優勝を逃したのもGに後半戦の大きく負け越したのが要因だった。いつ目が出るかわからないが、対G戦このまま昨年の後半のような戦いをしていたら早々優勝を諦めたようなものである。ヤクルト戦は猫のままでいてもらいたいが、対G戦は牙をむく虎本来の強さを出して立ち向かってもらいたいものである。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1