開幕5連勝は外国人投手としては球団初の快挙だという。ヤクルトに在籍していた頃は、なかず、とばず、あるいは故障したりでヤクルトを自由契約になった男が巨人に入団した途端これほどまで大化けするとは獲得した当のスカウト陣も思ってもいなかっただろう。

 このところ連続してKOされ、首脳陣からの信頼を失いつつあるグライシンガーに代わって、いまやチームの外国人エースを狙う勢いだ。ヤクルト時代は今ひとつだった変化球が別人のようによくなり、目下34イニング無四球というから驚きだ。またスライダーの切れが抜群だという。昨夜は交流戦負けなしの絶好調ソフトバンクの7連勝もとめた。

 好投しても打線の援護がなかったヤクルト時代と違い、3点台に抑えれば勝ち星がほぼ確実という強力打線をバックに控えた安心感が好投につながっているのかもしれないが、これほどまで大変身するとは誰が想像できただろう。今月の月間MVPの有力な候補に上げられるというおまけまでついてゴンザはますます調子にのりそうだ。交流戦あけのヤクルト戦にこの男をぶつけてくるだろうが、その時は十分対策を練って痛い目にあわせてやりたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1