先発バレットの乱調はひどかった。塁を埋めてはカウントを悪くし、ストライクを取りにいってヒットを打たれるという悪いパターン。3回の3点だけに終わったのが不思議なくらいだった。

 そのあとを受けたヤクルト投手陣が本当によく投げた。その踏ん張りがなければ一方的なゲームになるところだった。特に押本が良かった。

 打線の方はというと、ダルビッシュに結局、完封はされはしたが、毎回ランナーを出し、何度も得点チャンスはあった。ところがタイムリーが出なかった。3番青木が4−0で2併殺、特にひどかったのはデントナで4ー4三振。対照的だったのがガイエルで4打数3安打2二塁打。最終回もノーアウトでガイエルが2塁打を放ち絶好の得点チャンスにデントナが3振。2三振したところでデントナは引っ込めるべきだった。日ハムの6安打に対し、ダルから8安打放ちながら1点も取れなかったのはなんとも悔しい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1