3回まで日ハム打線をノーヒットで抑えていた館山が4回一人ランナーを置いて稲葉に2ランホーマーを浴び先制される。3安打を放ちながら0が続くヤクルトに対し、日ハムの初ヒットがホームランという嫌な流れだった。その後館山が粘って追加点を許さなかったことが、6回の逆転劇につながったとみたい。満塁で青木の犠牲打で1点、そして左腕に強い飯原の2点タイムリーで逆転した。こうなればヤクルトの勝ちパターンで8回から五十嵐が、そして締めは守護神林が好調日ハム打線を3者3振に打ち取りゲームセット。14セーブを挙げた。
 他球場では巨人が12-2で楽天を破ったので負けられなかった。また、あの横浜がまるでこれまでたまっていた鬱憤を晴らすかのように大爆発して昨年の王者西武に15−5とという大差で勝っている。監督が代わった途端これでは、大矢監督も複雑な心境だろう。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1