楽天・将大とヤクルト・由規というセパを代表する若武者同士の投手戦は本当に見ごたえあるものだった。やはり先輩であり、プロでの実績に勝る将大に軍配が上がった。コントロール、ここぞというときの集中力という点で残念ながら差が出たゲームだった。しかしこれだけ投げれれば十分すぎるくらいだ。一昨日投げた左腕のエース石川が3点を奪われたくらいだから。それにしてもヤクルト打線先頭打者川島慶と青木の散発2安打ではしょうがない。

 先頭打者にヒットを許すという同じような立ち上がりだった。7回投げて由規が四死球4に対し、将大はった1というようにボールの速さでは勝った分、毎度のことながらコントロールがいまひとつだった。6回裏1死満塁で中村真に高めのボールを外野まで運ばれ、それが犠牲フライとなり決勝点となった。しかし7回4安打は立派である。ファンの心境もこの日は複雑だっただろう。地元仙台出身の由規に白星を、という思いと楽天の勝利を願う気持ちと・・・・・。昨夜も巨人が日ハムに敗れているだけにもったいない。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1