初回、あっさり中日打線を3者凡退に討ち取ったのを見て、高市の今季初勝利を期待したが、2回、先頭打者ブランコにホームランを浴びてから、まるでピッチングが変わってしまった。すっかりコントロールを乱し、ストライクを取りにいったところをヒットされ、3点を追加され、あえなく2回でKO。3回まで小笠原にノーヒットに抑えられ、中日のワンサイドゲームになるのではと、嫌な気持ちになったが、3、4回を投げた鎌田、5,6回を投げた松岡が中日打線の勢いを止めるノーヒット2三振を奪う完璧なリーリーフを見せた。これが4回の3点、7回の逆転となる連打で小笠原をKO、4点につながる導火線になったのではないかと思う。それにしても3四球で3点とは、タナボタのようなもらいもののラッキーな追加点だった。それも含めてやはり2、3番手の二人の好投が逆転劇を呼んだと思う。もし高市の後を受けたピッチャーが追加点を許していたら、龍のワンサイドゲームになっていた。7人の投手陣を駆使して勝ったゲームだったが、1勝2敗で負け越すのと、2勝1敗で勝ち越すのでは大きな違いであり、よく勝ったと思う。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1