石川が安定したピッチングで中日打線を7回を6安打1失点四死球0で抑えれば、ガイエルが2回先制点となるソロホーマーを放ち、さらにランナーを2人おいて川島のタイムリーで2点を加え、幸先のいい3点を上げた。このところ3ゲーム非常に安定している石川にとって、この3点は十分すぎるくらい大きな得点だった。

 6回さらにランナーを2人置いて川島がタイムリー2塁打を放ち5−0とした。その裏中日に1点を返されたが、8回ダメ押しとなる野口のソロホーマーと代打の田中浩がタイムリーを放ち、7−1と大きくリードした。

 今日の一番のヒーローはチャンスでタイムリーを放ち4打点をたたき出した川島慶だが、それに劣らずホームランを含む4打数4安打の見事な働きを見せた野口だ。今日打てなかったデントナに代えて田中浩を出したように、疲れと度々の死球でスランプ気味の青木を途中で代えてやって若手を積極的に使うようにしてみるべきだと思う。1点を争うゲームでは特にそれが求められる。ヤクルトは代打陣の層も厚いので期待に応えられるだろう。

 石川はハーラートップの5勝目を上げた。今夜は巨人が負けたので再び4ゲーム差になったのはありがたい。いつも交流戦に苦戦する巨人は必ず、落ちてくる時があるはずだ。とにかくヤクルトは粘ってこのまま上位3チーム内で追いかけてゆけばチャンスはやってくるだろう。頑張れヤクルト!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1