パリーグはCS第一STを見た感じでは勢いからしてひょっとすると日本シリーズに進出するのは楽天かと思われた。しかし一昨日のまさかの逆転サヨナラ負けでその勢いはそがれた。昨夜、大事な試合にエース岩隈を立てて負けている。

 中盤まで岩隈と糸数の投手戦で1−1のまま終盤7回2アウト満塁で高橋信二が高めのボール球を2点タイムリーヒットを放ち試合を決めた。相手がエースでもしっかりつなぎの野球が出来る日ハムは勢いに乗る楽天より一枚上だった。

 セリーグでは巨人打線が防御率ナンバー1のチェンに3回1/3、9安打、5失点を浴びせ早々KOし、投げてはオビスポが初回森野に2ランを浴び、四死球7という乱調だったが、どうにか5回2/3を3安打2失点に抑えた。継投の越智が8回に藤井から2ランを浴びたものの8回からクルーンが登板、そのまま6−4で逃げ切った。しかし中日は一昨日の野本、昨夜の藤井といい内角の厳しいコースをホームランできるバッターが下位打線にいるのは頼もしい。

 チェンはヤクルトとの第一STで登板し、デントナの3ランの一発で負けているが、それを除けば素晴らしいピッチングだった。防御率が示すとおりの好投手だが、なぜか巨人打線には通用しない。4回阿部の技ありのホームランは失投ではない。外角のぎりぎりのボールをバットに乗せるようにスタンドまで運ぶ阿部のバットコントロールの妙は他の選手では真似ができない芸当である。館山もこれで何度か苦い経験をしている。

 日ハムはシリーズ進出に王手をかけ、巨人はアドバンテージで2勝1敗とした。セリーグは先発投手の出来次第で決まるだろう。巨人、中日どちらが進出してきてもやはり総合力で日ハムが上回りそうだ。日ハムは勝つ野球がしっかりナインにしみついているチームであり、それが出来るチームだ。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 今季ペナントを制したセ・パ両リーグー巨人と日ハムーCS第二STの緒戦完全に明暗が分かれるゲームだった。巨人の原監督は敗因の第一の要因は間隔が空きすぎたことを上げている。仮にヤクルトが中日に勝って第二STまで進出出来たとしても、シーズン中5勝しかしていない巨人に圧倒的に分が悪いのは明らかだ。万が一ヤクルトが巨人に勝ち越せるとしたら試合間隔が空いたことによる試合感覚のずれとモチベーションの高さの違いによるものだと思っていた。しかし怪我人とインフルの影響でかすかな望みさえ絶たれてしまったが・・・。

 CS第一STを勝ち越してきた楽天の勢いやモチベーションの高さが僕がヤクルトに描いた巨人に勝つ条件だった。ところが前述した通りあのような状態で投打ともに楽天の戦力とは比較にならないほど弱かった。それでも中日相手にあれだけ戦ったのだから上出来である。

 いっぽう巨人と同じ間隔が空いたにも拘らず、シーズン中の粘りを緒戦でいきなり出せる日ハム野球のすごさに同じペナントを制した巨人との差を感じた。7回まで1−6でリードされ、勢いからすれば逆転は厳しい状況。ところが8回3点返し4−6とした。しかし9回表好調鉄平に2ランが出て4−8のダブルスコアにされた時はこのまま終わりかと思ったら、その裏1アウト1,2塁で稲葉のタイムリーで1点を返した後、高橋信二が歩き満塁とし、スレッジがまさかのサヨナラ満塁弾。日ハムの強さは間隔が空いてもいつでもエンジンを全開に出来る選手のモチベーションの高さを感じた。それがソフトバンクとの違いでもあり、巨人との違いでもある。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 先発由規はシーズン中と同様、コントロールにムラがあった。初回3,4番の長打でせっかく幸先いい先取点をもらいながら、毎回のようにランナーを背負うピッチング。4回7安打4四球。これで和田の2ランのみの2点に抑えたのが不思議なくらい悪かった。

 2番手松井が誤算、3点の追加点が響いた。やはり昨日、一昨日投げた左右のエース石川、館山が如何に安定していたかが今夜のゲームで改めてわかった。さすがに中日打線は甘いボールは逃さない。やはりブランコは速球型ピッチャーには強い。最後に投げた五十嵐も下位打線につかまったが、下位打線でも油断できないのが中日の強さだ。

 CS出場まで故障の相川に代わってマスクをかぶり、思い切りのいいバッティングで活躍していた川本と先発が予想された抜群の安定感でヤクルトの連敗を救った救世主高木のバッテリーが、この大事な決戦にインフルエンザにかかり出場できなくなったのが非常に痛かった。今回ヤクルトは中日相手に戦うのと同時に、インフルエンザという難敵、さらには怪我人続出という大きなハンデを背負っての戦いを余儀なくされた。バッティングでは川本に劣るが故障をおして最後までマスクをかぶった相川が守りでよく頑張った。

 1,2戦1点を争う好ゲームで1勝1敗で今日を迎えた。5回3点を追加され。5−1とされ、苦しいゲーム展開だったが、8回表連打で2点を返し、3−5まで追い上げ、さらに1アウト満塁のチャンス。志田が最悪の併殺打。あの場面で、せめて1点を返していたら・・・。ところがその裏五十嵐が絶対やってはならない2点の追加点を許し、3−7になった時点でほぼ勝負はついた。2点差ならひょっとしたらという期待感が残持てたが・・・。

 最終回、ストッパー岩瀬が登板。簡単に2アウトまで取られ、万事休すかと思った。しかし最後まで諦めないヤクルト打線は、岩瀬から3連打で1点を奪い、さらにランナー1,2塁で4番青木。4番に座った青木は、ここというところでよく打ってくれただけに、嫌がおうでも期待が高まった。いっぽう厳しい場面を何度となく経験してきている岩瀬はあっという間に青木を追い込み、3球目にボールになるスライダーを外角に投げた。集中している青木は選球眼も抜群で粘りに粘るのだが、この打席ではかなり気負っていたらしく、ボールに手を出して空振り三振に終わった。と同時にCS敗退が決まった瞬間だった。第二STを逃したのは非常に残念だったが、前述したように怪我人続出、インフルエンザという悪条件の中でこれだけ善戦したヤクルトナインに大きな拍手を送りたい。そして来季こそ優勝を狙えるチームをつくってもらいたい。

 
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 両チーム序盤で上げた2−2のまま中盤を終えた。そして7回裏館山は先頭バッター谷繁をヒットで出した後、2アウト3塁で荒木が勝ち越しタイムリーを放ち、2−3とした。

 6回ヤクルトにも同じようなチャンスがあった。2アウトで田中を3塁に置いてバッターは昨夜のヒーローデントナ。しかし今夜は敢えなく3塁ゴロでチャンスを逃した。

 4番に座ってからの青木は期待を裏切ることなく、チャンスで心強いバッティングずっと続けていた。その青木に今夜は最後まで快音が聞かれなかったのが残念だ。

 最終回、左の岩瀬ということもあって鬼崎から畠山に代えた。鬼崎も4回に1アウト1,2塁の絶好のチャンスに併殺打でチャンスをつぶしたが、第一打席でヒットを打っているし、左ピッチャーからも結果を出しているだけに、今成長著しい鬼崎対岩瀬の対決を見たかった。畠山も一発の魅力があるバッターだが、併殺打も多いのが懸念されたが、まさに最悪の結果。

 済んだことは忘れよう。仕切り直しで明日にかけよう。勝って欲しいのは山々だが、ここまで来たら悔いを残さなず、持てる力を各選手が存分に出し切ってもらいたい。CSを勝ちとった粘りと誇りを胸に。明日の勝利を確信している。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 仕事中3回0−0という途中経過が入ったが、結果を知らぬまま22時半ころ帰宅。ドキドキしながら結果をチェック。0−2とリードされながら、好投手チェンから得た少ないチャンスをまさにラッキーセブンの7回、田中の2塁打を足がかりに青木のタイムリーヒット、そしてデントナの値千金の逆転2ランで3−2と勝ち越し、大事な初戦を勝ち、第一ST王手とした。神宮での前回のポール際への逆転ホームランといいドラとの相性がいいデントナに明日も期待したい。

 石川が踏ん張り、青木が確実なバッティングでタイムリー、三振が多いが一発の魅力がここというところで出たデントナ、阪神との死闘を末、つかんだCS進出の勢いが発揮出来たゲームだった。

 連敗が続いていたころは先制点を相手に取られると反撃の元気すらなかったチームが、すっかり逆転がお家芸になってしまった。これぞ強さの秘訣だ。さあ明日もう一つ勝って第一ステージを突破しよう。後半戦が始まる前から「巨人に勝てるのはウチしかいない」と豪語していたオレ竜には負けたくない。この勢いで一気に決めてしまおう!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

24件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 >>