相手の高橋健が好投していたのは確かだが、それにしても村中が投げるときはなぜこうも点が取れないのか。彼が打たれないので安心しているのではないだろうが、あまりにも打線が元気がなさ過ぎる。

 結局、ガイエルの久々の一発で勝負が決まった。ガイエルもこの一発が復活のきっかけによくなるかと思われたが、その後はぱっとしなかった。他にはこれまた久しぶりで浩康が3安打と一人マルチヒット。ガイエルの一発がなければどちらが勝っていたかわからなかった。

 巨人が中日に負けたので久しぶりでヤクルトが3位に返り咲いた。しかしわずかの差なので油断したら明日は順位が入れ替わっているだろう。借金1までこぎつけた。明日も勝ってまずは借金生活から脱け出そう。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 打てないなら打てないなりの省エネ得点法とでもいえばいいのか、5安打5得点で8安打3得点の横浜に勝ち、このカードの勝ち越しを決めた。

 1、2戦ともタイムリーがなかなか出ず、イライラするゲームだったが、このゲームは4回には飯原が1、2塁にランナーを置いて、7回にはユウイチが満塁で、それぞれ少ないチャンスをきっちり生かしたタイムリーで合計5点をたたき出し、連勝した。

 先発の館山はピッチャーの小山田にヒットを打たれて同点にされたときは、嫌な雰囲気だったが、終わってみれば7回を5安打5三振、1四死球の粘りのピッチングで2勝目を上げた。またストッパーの林は珍しく1回に3安打を浴びながらも1点に抑え、無傷の9セーブ目を上げた。打線が調子を取り戻すまではこういう効率よいゲームをするしか勝ち目はない。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1