今季巨人戦に大敗し、最下位に近い順位に終わったヤクルトにとってこの日本シリーズは来季の巨人戦に向けてヒントになったことは間違いない。全く打てなかったグライシンガーに対する大砲中村のバッティング、何度も痛い目にあった小笠原、ラミレスに対する岸の攻略法などヤクルトの打撃陣、投手陣は学ぶべきことは少なくななかったはずだ。

 巨人戦の無様な戦いを来季はもう絶対見たくない。今季巨人と五分に戦っていればAクラス間違いなかっただけに来季はそれを生かしてもらいたい。西武を率いて1年目にして日本一になった渡辺監督は、よくやったと思う。監督の采配というより、チームのまとまりが非常によかった感じがする。本当におめでとう、といいたい。昨年Bクラスからの優勝なので決してヤクルトも来季のVは夢ではない。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1